新着Pick
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「基本的に僕は海外はやりません。なぜやらないか。その理由は「分からないから」です。「分からないことはやらない」
これは、重要なことだと僕は思う。」

これは完全に同意です。

「投資は自分が本当に理解できるものだけに行う。現地の事情を知り尽くしている「場所」だけで行うことが鉄則だ」
というのは、ピーターティールもバフェットも行う投資哲学の1つとしても有名ですね。
村上氏(私より1歳下です)はいい風貌になったなあ、ちょっと羨ましいなあ、というのが第一印象です。若い人に、投資を教える事は大変意義深い。いい活動だと思います。敢えて、付け加えるとすると、ポートフォリオを単位としたゲームとして運用を捉えて、分散投資その他のテクニックを追加で伝えたいな。

もう一点。村上氏は、日本企業の「資産効率」を問題にされている。その通りなのだけれども、これこそが、私が日本株のポジションを持っておきたいと思う理由です。なぜなら、資本構造を変えるだけで株式の価値が高まる。そして、経営者にはそのインセンティブがあって、次第に大きくなると予想されるからです。
「分からないことはやらない」
たしかに投資の鉄則。では分かるとはどういうことか。これは人によって水準が異なりますが、個人的に最低限はその投資を手がける理由を他の人に理路整然と説明できることだと思います。

結果として判断を誤るのは投資において一般的なことですが、間違えた際にその程度は分かっていないと、さらに判断ミスを重ねることになるでしょう。自分でフィードバックできなければ経験値も上がらず、何にもならないので、これはどうしても避けたいものです。
若いころからお金について真剣に考えていくこと
まさしく必要な事だと思います。持株会、RS、SOなどを導入している企業は、社員が仕組みを理解している事が重要です。意外と理解されていないケースも散見されます。
村上さんの失敗の話が興味深かったです。
自分の目で見る、肌で感じるって大事なのだなと改めて。
とても貴重な講義、記事だと感じます… 記事にあるような行動の先に、きっとこうなるだろう、という予測、こうあるべきだ、という思想に発展し、投資意思決定につながっていることがよくわかりました。

損切りがお早い、という点も興味深いです。

また、最近、何にお金を投資するか、と、自分の時間を何に使うか、は本当に似たことが多い、と思っているので、時間投資、という観点でも、参考になるお話と感じました。