新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
遺伝子編集しなくても、腸内細菌をコントロールすることで予防できたり、体調を整えることができるのは、治療以外の医科学的な選択肢を広げることができる晴らしい発見だと思います。

ゲノム編集・解析技術の大きな進展により、食生活プロトコル(セルフ・フードプランニングシステム)やニュートラシューティカルズ(Nutraceuticals)など、プロアクティブ医療におけるビジネスチャンスは、かなり拡大されていると思います。

>お腹にいる腸内細菌のゲノムの解析
>「今どれくらいの腸内細菌の多様性があるか」とか、「ビフィズス菌がどれくらいの割合いるか」ということが見えてくるんです。腸内細菌については変えていけるので、適切な食品を摂ってコントロールすることができるようになる
今後のデータが溢れる生命科学時代にどうすべきかというお話をしました。

業績