新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
言うは易く行うは難し。

日本の農地の4割は中山間地にあり、国土の7割は森林です。大規模化しようとしても大規模ができる地形ではありません。
地形特性上、量を追求することは難しく、また日本人の気質上、高品質なものを求める傾向が強いため、質を追求してきたのが現状です。
最近では、日本もICT/IoT技術が導入されてきていますが、気候変動などの変動要素が大きい中、ICT/IoT技術を導入したからといって、すぐに農作物が適切に栽培できるわけではなく、費用対効果を得るのはなかなか難しいのが現状です。
確かにテクノロジーの導入により、作業の効率化は図れますが。
そして日本の場合、輸出産業とするためには、イスラエルとは違い島国であることも産業化のハードルを高くしています。

テクノロジーで農作物を育て、輸出産業化を図ることは、オランダでも30年かかっています。そんな単純なものではありません。

>日本の農業は効率性よりも「質」を求めてきたから

業績