新着Pick
220Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
橋下氏は、関電の筆頭株主である大阪市のもと首長ですから、第三者とは言えないと思います。
橋下氏の力量に期待する声はわかりますが、弁護士であれば、本件とは無関係の真の第三者の弁護士を入れるべきでしょう。
橋下氏の、弁護士としても、タレントとしても、知事や市長としての業績はよく知らない。

しかし、かつて関電の筆頭株主の代表者であり、原発行政の関係者であったから、社外取締役となる上での独立性に疑問がある。独立性に欠ける場合、社外性も完全ではないとの学説が有力だ。

つまり、社外取締役でなくとも、橋下氏は、第三者委員会の委員には相応しくない。

コメントの中に、業務執行に采配を振るうことを期待するような意見があるが、業務執行に関与したのでは第三者委員にはなれないから、意見は妥当ではない。

むしろ、関電の事件は既に犯罪の容疑だから、第三者委員会で「お茶をにごす」段階ではない。早くしないと、「記憶は薄れ」、「証拠は散逸」する。
でも、裏にある諸事情を勘案すると、メディアは正確な報道ができないような気もしますが。
大阪府や大阪市の既得権益や、不当なしがらみをぶち壊した橋下氏。

腐りきった関西電力を徹底的に洗うのには最適ではないでしょうか?

心から期待しています!!
橋下さんが第三者委員会で、テレビ番組のように舌鋒鋭く追及するのを見てみたいです。
ぜひテレビ中継してほしいと思います。
関電金品受領問題は許せません。
「僕を入れるならば、関電も本気ということだ」ということは、然るべき報酬を払って入れる以外の判断をするなら、本気でないという意味か (・・? どちらにしても相手を追い込む表現であるような気がして、何とはなしに面白い (・。・;)
あってはならぬことです。
橋下氏は大阪維新の創立者であり、
今なお元大阪市長・元大阪府知事として
政治的な影響力を保持するタレントであり、
公正中立な「第三者」とは到底言えない。
政治色がみなぎる弁護士は、
社外調査委員会のメンバーに相応しくない。
それ以上に橋下氏が委員に選ばれたら、
ダークな関電事件が「橋下劇場」と化すだろう。
原発還流マネーの真相究明はハードコア。
闇に切り込めば「疑獄」事件になるだろう。

https://dot.asahi.com/wa/2019100300042.html
政治的なパフォーマンスの舞台にしたら、
悪い奴ほどよく眠ることになりかねない。
自分達が斬られる覚悟があってでも、組織の膿を出し切る為にフィーを支払い第三者委員会へ入る依頼を行なえるか。今後の企業イメージにもより影響しそうなので、しっかりと依頼して欲しいですね。
橋下氏が、関電の第三者委員会について、条件面が整えば就任すると前向きな姿勢を示しているようだ。
第三者委員になって頂けたら、どこまでパンドラの箱を開けて過去の膿を出し切って頂けるのか?
期待したいです。