新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
両国とも自国企業に補助金を出している。
そして、相手の補助金が不公正だと訴えている。

「アメリカは、ヨーロッパの航空機メーカーエアバスに対するEUの補助金が自国のボーイングとの公正な競争を妨げているとしてWTOに提訴し、去年5月、EUが続ける資金支援を不当とする最終判断が示されました。
 WTOのルールでは是正されなかった場合、訴えた側が対抗措置をとることが認められていて、アメリカはWTOに報復関税を認めるよう求めていました。
 これについてWTOは2日、アメリカに年間で最大75億ドル、日本円で8000億円の対抗措置を認める決定を発表しました。
 この決定を受けてアメリカ政府は、報復関税を今月18日から発動する見通しを明らかにし、EUから輸入される農産品に25%、航空機にも10%の関税を上乗せするとしています。
 ただ、WTOではアメリカのボーイングに対する補助金も不当だとする最終判断が示されていることから、EUがアメリカに報復関税をかける準備を進めていて、今後、報復の応酬となるおそれも出ています。」