新着Pick
440Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
軽減税率、お持ち帰り対応など、業務の分析が不正確で、システム開発も正確にできてないかったということになりますね。発注側の仕様書があいまい、開発側は業務はよくわからないところだったのでしょう。よくあるトラブルです。
ただ、通常は、本番環境と全く同じ開発環境で移行試験をしていなかったのでしょうか?開発側のスキルの低さも想像できます。
ITシステムは、プログラムで書かれているので、書かれてる通りしか動かないですからね。。
お客さんに損害があったわけではないので、ネガティヴなキーワードの連発ではなくPRに変えてしまうぐらいでいけば良いのではないかと思います。
スシローの1日辺り組数で考えると、個別計算する方がレジ前混雑増加と現金過不足のミスが増えるという判断だったんでしょうね。早くシステム復旧することを願うばかりです。
スシロー or システム開発委託業者のどちらが損害額補填の割合が大きくなるのだろうか。
これはきつい…他社も含めて、飲食や小売りの方々は本当に大変な状況だろうと想像します。ほかにトラブルあるだろうな、と想像しつつ、消費者として、心にゆとりを持ってレジに行こうと思う今日この頃です。
消費税が0%になっていたと話題になったスシロー。消費税分はスシロー側が負担するようだ。大きな痛手になりそうだ。
これだけ大規模かつ複雑怪奇な変更、システム障害は想定内では?
なぜデンマークは消費税が 25% でも軽減税率を導入しないのか

1. 徴税コストを抑制する

2. 軽減税率の適用対象品目の峻別が困難である

3. 税の歪みを抑制する

4. 高所得者は食料品に対しても相応の支出を行うため高所得者の方が軽減税率による負担軽減額が多くなる

5. 低所得者への配慮は社会保障給付によって行う方が効率的である

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1909/19/news074.html
株式会社あきんどスシロー(英文商号:AKINDO SUSHIRO CO.,LTD.)は、主に「吟味・スシロー」のブランドで回転寿司をチェーン展開する、回転寿司業界の大手企業である。かつては「大阪回転寿司・あきんど」のブランドも有していた。持株会社の株式会社スシローグローバルホールディングスが東証一部に上場している。 ウィキペディア