新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本も時間の問題か。
当社含め国内ネット証券各社共に時代変化への適応力が試されようとしている。
奇しくも今年10月1日で国内証券手数料自由化(金融ビッグバン)20周年。
フィデュ―シャルデューティの重要性が高まる中、米系の資産運用会社はどんどん手数料を下げています。
かんぽの一件など、日本はもう何週も出遅れていますが、こうした流れは日本の金融界も避けて通れない思います。
シュワブの動きを受けて、シュワブ自身の株価も競争相手の株価も急落しているようです。
 日本も近い将来同じ方向ではないでしょうか。そして現物の手数料だけではなく、信用取引の金利や貸株料で競争が進むのかもしれません。
業界の収益性の均衡が変わり始めている。Robinhoodのような新規参入者が無料でやって、一定のシェアを取ってきているとなると、対競合という観点で既存プレイヤーも動いていくし、既存プレイヤーでSchwabのような大手が動けば他の大手も追随するような形になっていくと思う。
株式、ETF、オプション取引の手数料ゼロの時代に突入しましたか。FinTechの破壊力に既存のプレイヤーが屈したようですね。ロビンフッドはまさに破壊者。日本もそうなって欲しい。
タダはデカイね。タダはどんなに規模を積み上げてもタダだから。シュワブに口座あるから個人的にはいいんだけどね。