新着Pick

大企業製造業の景気判断+5 3期連続で悪化 日銀短観

NHKニュース
日銀は短観=企業短期経済観測調査を発表し、最も注目される大企業の製造業の景気判断は悪化しました。景気判断の指数は前回の調…
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ポジティブ・サプライズ。大企業・製造業の業況判断DIがどれだけ落ち込むかが注目されましたが、▲2ポイントにとどまりました。とくに、加工業種が▲1ポイントとほぼ横ばい。大企業・非製造業も事前予測ほどは悪化しませんでした。

ただ、そのまま楽観的に評価することはできません。海外での需給判断は前回より悪化。今年度の売上高・経常利益とも下方修正。交易条件も悪化。むしろダメな部分が目立つ内容です。

唯一改善しているのが国内での需給判断。これは消費増税前の駆け込み需要を反映したものでしょう。この分だけ、今回の好結果から差し引く必要があると思います。
この短観に加えて、来週月曜日公表の8月景気動向指数の基調判断が4ヶ月ぶりに「悪化」に転じることがほぼ確実ですから、今回の消費増税は史上初めて景気後退下での実施となりそうです。
日本以外が金融財政政策に前向きになるなかで、正気の沙汰ではないように思います。