新着Pick
299Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こんなことは軽減税率の導入が決まる前からわかっていた話であり、まともな専門家は誰も賛成していなかったのに決めてしまったわけですから、仕方が無いです。
本来なら、この経済環境下で消費税あげること自体いかがなものかと思いますので、全品目軽減税率にすればいいと思いますが、それが無理でも給付付き税額控除のほうがまだましだったと思います。
まさしく今日、取材に行ってきました。
東京都品川区にある、戸越銀座商店街。
増税直前で各店舗、それぞれの準備を進めていらっしゃいました。

入り口には明日に向けた張り紙などがされていて、
特に目に留まったのは「お持ち帰り・テイクアウト」という文字。

飲食料品は軽減税率の対象になるため、8%なのですが、
イートインすると10%になる・・・ということで、持ち帰りできるということを前面に出して営業をするという、各店舗のご苦労が垣間見えます。

またこの記事にもありますが、
お話を伺っていくと「食べる場所の違い」がややこしくなりそうです。
店内に入って着席してからオーダーをする形の店舗はわかりやすいですが、
自分で購入した後に食べる場所を選ぶ形のお店は、心を悩ませているようです。

例えば・・・

「お持ち帰り」のつもりで8%の税率で購入したけれど、、、
「やはり出来立てが食べたくなって、このまま店内で食べたくなった!」
このようなケース、あるかと思います。

この場合、どうなるのか、お店の方にお伺いしました。
「イートインにするなら、2%分、請求するんですか?」と。
苦笑いしながら、返ってきた答えは…
「請求は・・・できないですし、しないですよね、、、(苦笑)」

人と人とのやり取りで成り立っている消費の世界で、
「お店側も制度がこうだから!」といって、明日10月1日からはっきりと線引きをしていくのは、なかなか難しそうです。

軽減税率という仕組み自体は、お財布へ優しいのかもしれませんが、制度がややこしすぎて、これでは頭を抱えてしまう方が多くなるのは避けられません。
明日からどうなっていくのでしょうね。。。
お客様には据置など分かりやすい金額訴求したとしても、バックオフィス業務としては税区分の個別変更は必要です。またキャッシュレス進むのは歓迎ですが、店側の手数料は還元あれども2%強は引き続きかかります。(現金残る分、現金管理の手間は引き続き)中々に事業者への負担の多い施策です。
いま、この時点でも、多くの事業者が、明日からの増税準備に追われていると思います。
      
さまざまな思惑で、軽減税率やポイント還元制度などを一挙に進めようとしたため、複雑怪奇になっています。
       
これに付き合わざるをえない事業者もつらいと思います。
        
明日は、身近なスーパーで、コンビニで、買う方も売る方も頭を悩ませるのではないかと思います。
年間2兆円の税収のためにどれだけコストが掛っているのか気になります。
明日から消費税率が8%から10%になるのではなく、実際にはこれまで一律8%で統一されていたものが、3%、5%、6%、8%、10%の5段階の税率に変更になるのである。複雑怪奇であり、いまだに???というのは無理ないことだ。
混乱、という時間的コストを考慮して欲しいです。欧州が導入しているからといって、どれも素晴らしい政策とはいえません。
たかが2%。されど2%。
こんなに細かな区分があっても正直わかりにくいから、いけるところまで8%キープして、潔く変えてほしいと思ってしまう。
訪日外国人旅行者にとっては日本人以上に意味不明で理解不能な制度だと思います。明日からはインバウンド対応でもパニックを起こすところが増えそうですね。
間違いなく明日から混乱すると感じている。その場で10%ですと言われてしまったら、納得するしかないのではないかと思っている。あとは8%のものと10%のものを一緒に買った時とか、正直全部同じ税率にされても気付かない気もする。