新着Pick
1028Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
著書でもかなりえげつない言葉使いで痛烈なGAFA批判を展開し、ポッドキャスト等でも炎上商法ではないものの本質としてそれに通じるものがあるギャロウェイ氏の見方は、決して米国テック界隈のマジョリティーを代表する声とまでは捉えないほうが良いでしょう。

Wework評は特に新しいものはなく概ね報道の通りの事を言っているが、ソフトバンク評はそれなりに踏み込んでいる。

私は実際のところはラジーブミスラ率いるプロバンカー集団が今回の件でどこまで金融テクニックを駆使してダウンサイドリスクをヘッジしていたか、orしきれていなかったかが今後明らかになると思う。
そもそも自作自演のポートフォリオ企業の時価総額上げゲームは、表面的には無理がある事は本件問題発覚前から馬鹿でもわかる話で皆おかしいと言っていた。それに対して無防備であるとは、あのビジョンファンドの首脳顔ぶれや、エヌビディアの売り抜けの際の鮮やかな手口などから勘案し考えずらいと思います。潮目は変わるだろうがそれが即ちビジョンファンド崩壊論のような物言いはやや単純早計に見えます。
SBG神話を唱える方が多くいます。「孫さんなら大丈夫だろう」「SBGの金融プロ集団ならきっと何とかしてくれる」みたいに。

私がデジャブするのは、10年くらい前の日本でのゴールドマン・サックス(GS)神話です。投融資先企業の苦戦が公開資料から推察される中、「それでもGSには奥の手があるんでしょう?」的な。神話は特に日本ですごかった。
しかしそんな魔法は通常ありません。特にハイバリュエーションの未上場株のデリバティブは、カウンターパーティーが見つからないか、リターンを著しく毀損する高コストです。

—-
投資業は、損するときは損するし、全損するときは全損します。

対象アセットの事業が毀損してしまったとき、やることとは、ガバナンスを握り直して実直なハンズオンでの再生です。
ギャロウェイ氏は、主観で語っているように見えますが、とても冷静に客観的に事象を分析していると思います。

非公開企業の時価総額を上げるために、次々に株価を吊り上げて増資を繰り返す。その資金を世界中から集める。しかし、集まらなくなった途端に、自転車操業は破綻する。危うい。

時価総額経営は危ない。かつてインターネットバブルが弾けた時には、この言葉が飛び交っていたのに、いつの間にか、実体のない時価総額にみんなが飛びついています。
ここまでの激烈な批判は、日本ではなかなか見られません。

ベストセラー『GAFA』の著者であり、起業家・ビジネス批評家としても活躍するニューヨーク大学のスコット・ギャロウェイ氏に直撃しました。今年1月の時点でWeWork問題の噴出を予言し、SNS、メディア上でも大きな注目が集まっています。

ソフトバンクGへのここまでの批判は、なかなか日本では展開されないですが、米テック業界がいかなる視点で彼らの投資活動を見ているのか、一つの視点としてきちんと知っておいて損はないはずです。

にしても、大学教授であり、ビジネスモデル解説を展開している権威として、ここまで破天荒キャラを打ち出す人物はなかなかいないのではないでしょうか…笑。(ちなみに今年始めのインタビューでは、その裏側にあるシャイな一面も見えて、興味深かったです)。

破天荒:https://twitter.com/profgalloway/status/1176684580713181184?s=21
これが事実だとしたら衝撃的。
「2008年以降、米国のジャーナリストの人数が半分まで落ち込む一方で、企業のPR担当の人数は3倍となったことを指摘、それだけ"ウソ"も含めた企業の情報が垂れ流しになる現状につながっているというのだ。」

追記 この資料によると事実らしい。。
https://www.pewresearch.org/fact-tank/2019/07/09/u-s-newsroom-employment-has-dropped-by-a-quarter-since-2008/
多分NPで一貫して一番辛辣にSBGとSVFを批判してきたのは僕だと思うけれど、僕は孫さんの勇気にはいつも感服している。それでも、SBGの酷いガバナンスと、SBGに連結されているSVFの異様な投資スタンスには到底賛同できない。

この先、僕が心配するのは、ユニコーン向け投資への異様なバリュエーションだけではなく、中小型のVBに対しても非常に楽観的なバリュエーションが流行していることだ。将来収益に対する「%future」では到底説明できないことが多いと感じている。SBGの危機まではいいが、その先に業界全体が壊れることは勘弁してほしいものだ。
WeWorkショックがあった日に、「上場まだかよ〜。ヤバいよー」と、BASE鶴岡をイジってたのに、そのわずか2週間後に無事マザーズにて上場承認(笑)。

DMM亀山氏、さくら田中氏、BASE鶴岡氏に聞く「今25歳なら、なにで起業する?」
https://newspicks.com/news/4268838/
ここまで言われるとソフトバンクをさらに応援したくなりますね!アメリカ人の代表みたいな言われ方。日本人として奮起したくなる。それには感謝したい。ソフトバンクや孫さんは、これまで何度も「今度こそ倒産か!」と言われてきた。もちろんしばらくは調整局面に入り11月6日の決算も大幅な減益になると思います。最近は未実現利益で増益を続けてきましたが、ここからは一転して未実現損失で大幅な減益を続けることになる。2年くらいは調整局面が続くと思います。それでも立ち直り挽回してくることを予想しています。もっとも、上場企業としての説明責任は一日も早く果たして欲しいと思います。
「ブランド戦略が行き過ぎると、PR担当が創業者のカリスマとビジョンを過剰にスケールさせようとする。過大な約束を掲げる一方で、数字が出ないと資本にアクセスができなくなるので、ウソをつき続けることになる。魅力・ビジョンと、ウソ・詐欺の境目はほとんどなくなってしまっています」(ギャロウェイ)染みる!
以下のギャロウェイ氏のコメントが全てを表していますね。
WeWorkは早く原点回帰しないと、札束に埋もれてダメになってしまう。

「この2社は共にインパクトのある事業を展開し、共にユニークな価値を提供していることは事実です。だけど、それが売上高の16倍、7倍といったレベルの評価額ではないというだけです」

「この両社が共に、クソな事業を捨てた上で、ソフトバンクGなどのステークホルダーと、実際の価値について、大人の会話を続け、コアビジネスに集中すれば、彼らの業績は上がるでしょう」

「Airbnbの業績が堅調な理由は、単純かつシンプルです。WeWorkとUberは赤字で事業を回していたのに対し、Airbnbはすぐに利益を出す経営をしていただけのことです」
この連載について
シェアオフィスサービスを提供するWeWork。株式上場直前に約5兆円という時価評価に疑問符が付き、創業者はCEOを辞任。筆頭株主であるソフトバンクと孫正義氏にも、その批判の矛先が向かっている。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.68 兆円

業績