新着Pick
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この件のポイントは、トランプ大統領がウクライナ政府にバイデン前副大統領親子についての捜査を要請した際に、米国からウクライナへの軍事支援を取引材料にしたのかどうかです。
https://newspicks.com/news/4243343?ref=user_1125005
 民主党の有力な大統領選候補者であるバイデン副大統領に政治資金疑惑があり、それについてトランプ大統領がウクライナ政府に大統領がウクライナ政府に捜査を要求したのは、まだそこまでの問題にはなりません。
 しかし、トランプ大統領がウクライナという他国の司法が決定するべきことに、米国政府の予算である軍事支援をちらつかせて圧力をかけたのであれば(しかも政治的ライバルであるバイデン氏に不利な捜査結果が出るように求めたりしたのであれば)、大統領としての権限を濫用したことになります。
 トランプ大統領がウクライナのゼレンスキー大統領に電話したのが7月15日、その1週間ほど前に、米国からウクライナへの4億ドル程度の軍事支援を保留にするという命令をトランプ大統領が出していた、と報じられています。これは、トランプ政権内部からの告発で伝えられた、とのことです。
https://edition.cnn.com/2019/09/23/politics/trump-ukraine-military-aid-call/index.html
確かにウクライナへの軍事支援(保留)とバイデン氏の息子に関する情報を交換条件にしたとすれば、大統領の個人的な政治的関心のために米国の安全保障を軽視したと言えそうですね。しかし、そもそもバイデン氏の息子がウクライナのガス会社の役員として何をしていたのかの方にも説明責任が巡ってきそうに思います。
 少し調べたところ、大統領の弾劾裁判は1867年のジョンソン大統領、1974年のニクソン大統領(裁判前に辞任)、1999年のクリントン大統領に対して行われたようです。手続きなどはこちらなどにありますのでご参考まで。上院では共和党が過半を占めており、トランプ大統領の党内支持が強ければハードルの高い裁判になりそうです。ちなみに、有罪になると、ペンス副大統領が大統領になるようです。
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-impeachment-process-idJPKBN1WA02D?il=0

https://www.sankei.com/world/news/170518/wor1705180041-n1.html
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-impeachment-idJPKCN1T711P
今までアメリカの歴史上、弾劾手続きに直面したのは3回ありました。1868年のアンドリュー・ジョンソン前大統領と1998年のビル・クリントン前大統領は弾劾手続きをされましたが、上院で無罪となりました。また、1974年のリチャード・ニクソン前大統領の場合は弾劾手続きの時に本人が辞任。

このような背景から考えてみると、トランプ大統領の弾劾はよっぽど大きなスキャンダルでなければ可能性は低いのではないかと思います。
事実の分析は、塩崎さん、岩田さんのコメントがとても参考になります。
ロシアとの関係から、アメリカを向いたりロシアを向いたりのウクライナは、アメリカにとって、EU諸国より圧力を掛けやすい国だと思います。
そんな国を利用して、次の大統領選に有利になる画策をトランプ大統領がしたとしたら、リスク管理意識が低いと感じます。

実際のところ、トランプ大統領の大統領としての資質を、アメリカ人は本当にどう思っているのでしょうか?
最近では、それが非常に気になります。
この背景には当時の副大統領バイデン氏が息子のハンターと中国を訪れ、直後にハンター氏の投資ファンド会社に中国から1.5B$が振り込まれていること。その後にまたバイデンは息子を連れ立ってウクライナを訪れ、直後に息子のハンター氏は現地のガス会社の取締役に任命され年収6000万円を得ているという疑惑がある。…という点に何故全くこの記事は触れないのだろうか。
特に中国からの資金の流れは、深刻でバイデン氏が大統領になった瞬間に中国の覇権が約束されたようなものだという危機感は民主党にはないのだろうか。流石にあると思うのだが…
トランプ氏の疑惑だけでなく、「親の威光を借りた」ハンター・バイデン氏の疑惑、さらにはハンター氏への捜査を「妨害した」バイデン氏の疑惑も。
【アメリカ政治】アメリカの民主主義システムが問われてい時。一国の大統領が、自身の大統領選挙の戦略として、対外軍事支援をカードに使うわけですから、一大事。大統領の資質の問題を超え、そのような大統領を民主的プロセスにより弾劾できるか、注目です。1000ピックぐらいされることを期待していましたが。
これは民主党にとって痛恨のオウンゴールになりそうな悪寒… 上院を共和党が押さえてるから弾劾成立の可能性はゼロ。ここからバイデン全副大統領の疑惑が取り沙汰されまくる。どう考えてもマイナスしかない。
これまで弾劾に反対を唱えてきたペロシ下院議長が、トランプ大統領弾劾に対する正式調査を開始する方針を表明と報じられている。
民主党が過半数を握る下院では弾劾決議は可決されるだろうけど、共和党が過半数を占めかつ2/3以上の賛成を必要とする上院での有罪判決の可能性はほぼ皆無でしょう。ペロシがずっと懸念してきたのは来年の大統領選と上下両院選挙への影響。民主党による魔女狩りとぶち上げてトランプ支持の共和党を活気づける契機になりかねない。