新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
開発コード名「Puget」は地名で、シアトル近郊一体を指すPuget Sound(日本語ではピュージェット湾)のことですね。
この場合のSoundは入り江といった意味なのですが、音のサウンドとかけているのではないでしょうか(あくまで推察)。
今朝はソニーのイヤホンの話題もありましたが、Airpodsとは違う切り口でこの領域も競争活発なので利用者にとっては有難いですね。各社攻める切り口が異なるのがユニークです。
ソフトウェアを持つ会社がハードウェアに進出するのは当たり前の手段ですが、普通のハードウェア企業にとって怖いのは、採算性度外視でばら撒かれることです。 amazonとしてはalexaのユーザーを増やして後でAmazonのエコシステムで利益を出せばいいので極端な話、赤字でもハードウェアを売る意味があります。 
今のところ使いやすさや高級感というところでAppleのAirPods1強なので、この勢力図を塗りかえられるかが鍵となります。
Amazon Fire tabletはiPadを退けることはできませんでしたが、スマートスピーカーでは人工知能の弱いAppleを大幅に先行できたのでイヤホンではどうでしょうか。
まさか、スマホとベアリングして使うのに、スマホで既に取得できる情報だけ、なんてバカな話じゃないですよね?

スマホ不要なら歓迎。


『走行距離、消費カロリー、走行速度をトラッキングすると報じられている。』
Amazonもワイヤレスイヤホンを発売。そりゃ出してくるよね〜 >Amazonの新しいイヤホンは、フィットネストラッキングデバイスとして機能するという。走行距離、消費カロリー、走行速度をトラッキングする
Appleのイヤホンが全然合わなくて10歩も走らないうちにすぐ外れてしまうのであのウドンは全く欲しくなかったのでアマゾンには期待します。
AmazonがAlexa対応のイヤホンを投入するという噂(写真はAir PodsやBeats)。
走ったりするのは苦手だけど、アレクサとどう絡むの、詳細が早く知りたい。
これ直接クラウド接続しちゃうならスマートウォッチすらいらない、耳にだけ付けて走りに行けたりする感じですかね。Fitness Tech、Health Techは本当に良い方向に成長してますね。
Powerbeats Proを買ったばかりではあるけど。。これは、まあ試してみたいですね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
172 兆円

業績