新着Pick
1033Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ミラティブの赤川さんとの対談記事が公開されました。
以前たまたま赤川さんのブログを拝読して、すぐに人を辿ってお会いしに伺い、それ以来、大変に共感を覚える経営者の方です。
何に共感を覚えたのかと言えば、それは、エモさを大真面目に追求した経営をされていることです。
今回は良いチームとは、というテーマで対談をしていますが、良いチームとして機能するには、規律が必要で(赤川さんの言葉では美徳)、しかしそれはロジックとして幾ら正しく丁寧に説明しても、メンバーがそれに従って動くわけではありません。
立場が違えばナラティヴ(物事の解釈の枠組み)も異なり、さらにスタートアップといえども段々と成長していけば、ナラティヴの溝は生まれてきます。
これをいかにして架橋して、組織の中のわかりあえなさを可能性へと転換していけるかが問われています。
エモさと言う言葉で語らていることの中身は、その可能性を手にするために欠くことのできない視座として真面目に考えるべき大きなテーマだと思います。

なお、NewsPicksパブリッシングより私の初めての著書『他者と働く−−「わかりあえなさ」から始める組織論』が10月4日に出版されます。あわせてお楽しみいただければ幸いです。
産業構造の変化に伴い、働くという事、リーダーシップの在り方も変わってきています。
赤川さんのご発言にある、良いチームの条件は、「今ここに集まる理由がある人」がきちんと集まり、ミッションやリーダーシップのもとで「自分はこれをやりたくてやっている」という状況、というご意見に共感します。

情報格差がますます無くなる中で、ビジョン、理念が持つ重要性は高まっています。なぜ、このチームで働くのか。経営においても意思決定のプロセスを開示するなど、チームの納得感を得る事は良い組織を創るために必要と考えます。
ナラティブの溝、それは育ちやキャリアやバックグラウンドが異なる人が組織として集まれば必然的に出てくるもの。
メンバーにコミットしてもらうため、また事業計画を投資家に納得させるためロジックメインの説明をする人が多いですが、記事にあるようにそれは一昔前のやり方であり非合理の性質をもつ人間そして人間で構成されている社会はそれでは動かない。大切なのはこの会社でこのプロジェクトに関われていることへの自ら湧いてくるワクワク感!
ロジックや合理性には限界がある。それよりは、我々が取り組む意義、想い、ミッション、強い意志といった人間らしい想いから出てくる熱の方が結果を出していくチームになるためにはずっと大切。
ロジックと収益性はその後であるべき。
そして、人と人はわかりあえないという前提を謙虚にもち、自分の考えのプロセスを開示して丁寧に説明することで、経営者の独裁および属人組織になるのではなく、組織として上手く機能するようになるのだろう。


■以下本文引用
「いいチーム」の条件は、「今ここに集まる理由がある人」がきちんと集まり、ミッションやリーダーシップのもとで「自分はこれをやりたくてやっている」という状況になっていること。そういうチームが作ったモノは本当に強い。

企業は本当に付加価値を生み出せる人材に対して、「この場所で仕事をする意義」を提供し続けないといけません。その肝となるのがチーム


仕事で作っているモノは、好きで作っているモノには勝てない

ナラティヴの溝に架橋するためには、相手がどういう文化、考えを持っているのかを観察し、対話を通して自分と相手の橋がつながるポイントを見つけることが必要です。
「プロセスの開示」は、まさに架橋するための材料を相手に与えることだと思います


よくある残念なケースは、口にしなくても「たぶん相手もわかっているだろう」と思い込んでいて、結局わかりあえていないケース。

得意分野が違うことでケンカしつつも、ミッションを達成するためにベストな方法を考えつづけられるチームが結局一番強い
オイラ大地の行動規範の中に「サッカーチームのように」というのがあるのですが、個人的にすごく好きなメッセージで、フォワードも守るし、ディフェンダーも攻撃に参加する。つまり役割はあくまで役割で、チームにおいては飛び越えて柔軟であることだと。

ミラティブさんの美徳っていい言葉だし、宇田川先生のナラティブアプローチは企業の統合過程においても、これからの統合後の成長でも大切だなとしみじみ。
「個性を活かしながら、チームとしてゴールを目指す」…時として相反する、このふたつを両立させるためのヒントが含まれている記事ですね。

私は「ビジョン(ゴール)の共有と、そこに到達するストーリーの相互理解」だと考えています。

なかなか機会がありませんが、宇田川先生と、ガッツリ議論できることができればと思います。個人的な願望にすぎませんが。
ミラティブさんの凄さの一つは赤川さんか超ど本気なことだと思います
エモいチームは本当に大切だと思います!チームビルディングができているかどうかで、会社としての成長が全く違うのは言うまでもない。