新着Pick
474Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
各国の、いろいろな業種の方と会う機会があるが、主流は記事で紹介されているように、
「あらゆる場所で働く人にあてはまる、とても簡潔な規定だ。それは「Dress appropriately(適切な服装をすること)」となっているようだ。

自分で考え自分で選ぶことになる。全く自由に装う人、今までの規定からちょっと冒険する人、会う相手の期待に沿うようにする人、など色々。業種による傾向もあるが その人の考え方も伝わってくる。
これもコミュニケーションの一部。

1990 年代 当時としては珍しく支店で働く女性の制服がない銀行にいたが、適切な服装で楽しんでいた。
一方で 制服があると何も考えなくて済むので楽でいいと言う声もあった。

警察官やホテルの人など その制服がある種のID機能を果たしている場合は別の話。
直接顧客と接するような職業は、相手の信頼を得るためにも(ある程度は)フォーマルな服装が必要でしょう。

また、ホテルや一部の飲食店などは、「店の格」を考慮して制服等が必要なことが多いと思います。

このような業種では、おそらくカジュアル化することはないと思います。

一流ホテルの従業員がバラバラのカジュアルな服装を身につけていたとしたら、多くの顧客が意外感と失望感を味わうと思います。
Dress appropriately(適切な服装をすること)
これなんです。何でもいいわけではなく、適切さが大事ということをついつい忘れられてしまいがちです。
Googleにいたときも、たまにスーツを着ていましたがそれはその時必要だと判断したから。TPOをちゃんと理解しているのがいいビジネスパーソンだと思います。
「カジュアル」は「自由」だという勘違い。

スーツという名の制服から解放されて、自由になる。カジュアルで楽な服装をしている自分は、頭が柔らかい。

こんなふうに考えている人は、勘違いしている。むしろ、固定観念に縛られている。

もちろん、何も考えずに毎日スーツを着ていると、思考停止に陥りがちなのは事実。

しかし、本当にできるビジネスパーソンになりたいのなら、独りよがりな服装をしない。印象が影響するのは確かなことだから。

「Dress appropriately(適切な服装をすること)」シップルで核心をついていますね。
アメリカの友人が「アメリカには色んな民族、人種、出自もんからない人がたくさんいる。特に初対面ではどこの馬の骨ともわからない人と見られるし疑ってかかって見られる。だから、きちんとしている人間なんだと見られるように服装からきちんとしている」と言っていました。

服装は相手や場に合わせるもので、それは議論の余地もない当然のことなんだと思います。
長年ゴールドマンにニューヨークで働いたが、人気就職先トップの座をこの10年程はシリコンバレー組に脅かされている。特に技術系の学生の採用を強化しているので採りたい学生が、スタートアップやGAFAに流れてしまうことも。イノベーションフレンドリーな雰囲気を職場で感じさせるためには、カジュアルな服装も重要かもしれない。
やっぱり!自由なイメージありますが、アメリカ人もアジア人も外国人たちは、ビジネスカジュアルとして、襟付きシャツなど気を付けています。

見かけが評価にもかかわり、評価が悪くなるとクビも当たり前だからこそ、実は日本人以上に社会での服装を気遣う多々も多いです。

STAY GOLD!
服装がカジュアルかフォーマルかではなく、相手の企業や文化、こちらとの関係性上、信頼関係が築けるかで、話す内容や自分の見え方に対する客観的な理解とセットで選ぶ話だと思います。
毎回同じスタイルというカルチャーの会社もありますし、都度相手によって変える柔軟な会社や個人もあります。「こうでないといけない」と考えた服装で話の内容も決めつけの柔軟性がない内容だと服装や話題云々じゃなくて嫌われます。
顧客の業界、顧客企業のカルチャー、相手個人の特性、相手が求めること、届けたいメッセージ、合意したいこと、相手と自分との信頼関係などを勘案した際に何を選択するかのセンスですよ。それに尽きます。
「Dress appropriately(適切な服装をすること)」はまさにですね。何がプロフェショナルとして適切か、なのだと思います。

医師に最低限求められることは微生物学的な清潔さです。毎日洗わない白衣は不潔、洗濯に出さないネクタイも不潔です。これはNot Goodです。

うちの病院のスタッフクラスの医師は、白衣なしのワイシャツ姿が多いです。私も概ねワイシャツにスラックス、ネクタイなしに白衣なしです。

今の病院は5年目ですが、白衣を着ていないことについて患者さんから何か言われたことはありません。患者さんや家族は、適切な接遇・適切な医療には厳しいですが、白衣の有無は重要ではないということが、ここにいると分かります。
ビジネスの場合には、必ず「相手」があります。

どんな場合でも「相手」を意識することが大事です。

「相手」に与える印象を良くするために、いろいろと努力します。

服装も、その「ひとつの要素」です。

ですから「十把一絡げ」に「カジュアルが良いか否か」という議論自体間違っています。

「相手」によるということです。

シリコンバレーのスタートアップでも、投資家や政府関係者に会う時には、正装します。

「ビジネスをうまくいかせるための確率を高める」それを考えるべきです。