新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
GST改正の噂で持ちきりだったが、予想外の法人税10%引き下げ!経済の浮揚効果につながるだろうが、今は直接的な需要喚起策が欲しかったところ。ただ、低迷続きのインド経済はこの決断が一つの大きな転換点となるかも知れない。インド視察のミーティング中に飛び込んできたこの減税発表となり、インド株式市場は爆騰、臨場感のあふれる取材旅行だった。
インドの税制は、非常に複雑で諸外国に比べて高率です。
また、徴税当局のさじ加減で徴税額が変わることがたびたびあり、
税務リスクが高いという悪名を欲しいままにしてきています。

理由は、現金経済のため、脱税が横行し、徴税基盤が弱いため、
取れるところから取ろうとしてきたから。

今回は景気刺激がひとつの目的のようですが、
税制や現場での徴税運用が透明化、簡素化するところまで
踏み込むことを期待。
実際に変化を感じられるようになれば、
日本企業のインドへの視線は更に改善するはずです。
インドが大型法人減税。米中摩擦が激しくなる中で素晴らしい打ち手。Proビジネスを示したのは大きい >シタラマン財務相は記者会見で、法人実効税率を30%から約25%に引き下げると発表。
この局面で増税してるの日本ぐらいではないでしょうか?
モディ政権は、景気浮揚策として、法人税減税を実施するとのこと。選挙前には農家対策もやったので、バランスを取る意味もあるかと。
中長期をしっかり見ている感じがします。