新着Pick
829Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファンドアナリストという立場から、投資信託を選ぶ際のヒント、さらには積立と相性の良い具体的な投資信託の銘柄についてご紹介と解説をさせていただきました。

金額指定で購入が可能な投資信託は、定時定額積立との相性が良く、資産形成に適した金融商品として世界各国で活用されています。

今回は、足元の不安定な相場環境を鑑み、何かと誤解の多い「リスク」との向き合い方についても触れています。インデックス型ファンドで積立を始めたけど、思うように結果が出ずに不安に思っている方はぜひ読んでみてください。

資産形成は、ある程度自分本位で構いません。
「大きな価格変動があると気持ちが落ち着かない」ということであれば、低リスクの投資信託を取り入れても良いし、毎月の積立額を少し減らしても良い。周りに流されず、着実にコツコツと続けていくことが成功のポイントです。

※補足
債券のみに投資するファンドを選んでいないのは、コスト負けしている銘柄が圧倒的に多いためです。債券は、ご紹介している「守り」のバランス型などで間接的に保有することをおすすめします。
投資信託を「長期・積立・分散」で、としながら、株が中心の投信ばかり、という点が気になりました(分散できているか)。
また、過去5年のパフォーマンスが出ていますが、過去5年は景気回復局面だけで、景気循環のサイクルを経ていませんので、その点も留意が必要です(長期で考えられているか)
負けないコツは、とにかく信託報酬の低いインデックスファンドにしておくこと。
勝てないまでも、サラリーマンファンドマネージャーの多い、銀行系ファンドを避ければ、他よりも大きく負けることはありません。
異動があったり、ルールでガチガチのファンドマネージャーに預けるくらいなら、機械に任せた方が優秀ですね。
厳選9本をそのまま買おうか検討するダメな自分がいてしまう。
同一カテゴリーの投信比較をする際はできる限り長期間で計測したシャープレシオは最低限見ておいたほうが良いと思います。ちなみにシャープレシオとは、リスク見合いでリターンを比較することで過去の運用成績を判断する指標で、一般にシャープレシオ=(平均リターン-無リスク利子率)/標準偏差で算出されるものです。
記事にあるように、日本の投信は約5000本。上場株式が4000社ほどなので、それより多い。ただ、結論からいうと、個別企業を選ぶのとは異なり「似たものが大量に量産されている」。だから、見るべきポイントが絞られる。

記事と被る部分があるが、自分が見るのはざっくり以下。
①何に投資をしているのか(資産クラス)
②アクティブなのかパッシブなのか+フィーとリターンはどれだけなのか

1番目がともかく重要で、日本株なのかとか、海外REITなのかとか。
基本的に投資のリスクリターンはどの資産クラスに投資をしているかが一番重要。なので、まずはそれを見る。
簡単にいえば、例えば5年以上の長期投資であれば、基本的には日本株への投資と米株への投資だったら、郵政相場やアベノミクス直後以外を除けば、米株が上回っている。アクティブだろうがパッシブだろうが、根本的な資産選択が一番影響を与える。
記事のファンド事例を見ていただいても、同じ資産クラスに投資をしていれば、そのなかで多少のリスク・リターンの違いはあっても、株ファンドと債券ファンドを比較した時ほどの違いはないことが明白だろう。

そのうえで、記事にあるアクティブなのかパッシブなのか。そしてそのアクティブに資するリターンが出ていたり、何か投資をしたい理由があるのか。
アクティブ運用であっても、大部分のものは「指数からX%以内の乖離におさめる」といった手法で運用されている(トラッキングエラー、と呼ばれる)。またそうではない場合(アンコンストレインド=制約がない、などと呼ばれる)でも、個別株の評価ではβという言葉があるが、投資している資産クラス全体の動きの影響はどうあがいても受ける。
それくらい「どの資産クラスに投資をしているか」が、資産のリスク・リターンに影響を与える。
うーん、日本株の投資信託って、日本自体の将来性がアレな中で、長吉積立投資で明らかにお勧めではない気がするのですが、どうでしょう。PR記事ですか。全米か全世界の方が日本特化よりパフォーマンスが良さそうなのは明白では。
ファンドマネジャーと対峙してきたIR担当の経験からすると、ファンドマネジャーは誰か、という観点も大事です。特にアクティブ運用のファンドはそう思います。

結局は人が判断しているわけで、その目利きは非常に重要です。ファンドマネジャーによって、先見の明は様々です。
私が在籍していた運用会社(2社)のファンドは、どちらも厳選されていませんでした(笑)
自分が言うのもなんですが、普通の個人投資家にアクティブファンドは必要ないです。

理由は2つ。
1.高コスト
2.運用の中身が見えない
特に2に関しては、成績の良いファンドが将来に渡って良い結果を出せる保証がないと言うこと。また、所詮ファンドマネージャーもサラリーマンですから。

バフェットのような優秀な投資家を国内で6000本以上(上場企業数より多い)あるファンドから見分けられますか?
とりあえず何も考えずに「全米株式インデックスファンド」からちょこちょこ積立投信をはじめて、投資にまわせるお金が増えてきたら、その積立額を増やすか、他のファンドに分散させるか、という感じで良いんじゃないかな。