新着Pick
245Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在NYで開催中の国連総会は来週各国首脳が集まることになっています。
イランからはこのザリフ外相が今日、明後日にはローハニー大統領が、それぞれ米国入りするはずですが、ビザが出ないのでは?という憶測も流れているようです。

外相の発言で重要なのは、イランに対峙しているのはあくまでも"イスラエル"と"サウジアラビア"という点で、米国と直接やり合うことは望んでいないのでしょう。
ザリフ外相といえば、今年2月の辞任騒ぎが思い出されます。その際、革命防衛隊からも「続投支持」が表明されていることもあり、イラン国内での影響力を考慮しても、ローハニー大統領以上に彼がキーパーソンになりそうですね。
軍事作戦の可否は口先ではなく実際の戦闘配備によってある程度予測できます。
ペルシャ湾付近のアメリカ第5艦隊のうち、主力の空母エイブラハム・リンカーンをはじめとする打撃艦隊は5月からオマーン湾の外に位置したまま移動しておらず、未だにペルシャ湾内には入っていません。

つまりアメリカはイランに軍事的圧力をかけはするものの、本気で攻撃する意思は今の所ないということです。

又今週に入ってイスラエル、サウジアラビアの両軍がシリアのアルブカマルのシーア派民兵基地を空爆しましたが、これは先日のドローン攻撃への報復と見られています。

今のところ両軍共全面衝突を避け、本国外の傀儡勢力を叩き合う場外戦で戦略的な圧力を掛け合う状況だと判断できます。

今回のイラン製新型ドローンと巡航ミサイルは、これまで固く守られてきた油田地帯の防空網さえ突破できる性能があることを証明しました。

逆に言えばイランは戦力を集中しないと勝てない相手であることいえ、現時点でアメリカにその兆候がないことを考えれば、今のところトランプ政権は本格的な戦争に発展させる気がない証だと言えます。
イランにしてみれば、自分たちを攻撃すれば非常な損失を蒙ることになる、と米国に思わせることが、米国からの攻撃を阻止する最も有効な手立てと考えているでしょう。
 しかし、この論理を進めて、「そのためには実際に米軍や米国の権益を攻撃して見せて、イランの軍事能力の高さを見せつける必要がある」とイランの軍人たちが実行に移すと米国の逆鱗に触れることになります。この考え方は、イランの軍人たちの間に実際にあり、今年6月に米軍のドローンを撃墜して見せたのも、今月にサウディアラビアの石油施設への攻撃も、この考え方によるものでしょう。
 イランのいう「全面戦争」は、実際にそれをやりたがっているのかどうかは、イランの内部でも意見は分かれるでしょう。軍人や宗教勢力は少なからずやりたがっていると思われますが、国民は全く望んでいないでしょう。
 イランの考える「全面戦争とは」、第1次、第2次大戦のような総力戦というより、戦線と標的が広範囲かつ多岐に及ぶということでしょう。戦場となるのはイラク、レバノン、シリア、それにサウディアラビアやUAE、イスラエルも攻撃されるでしょう。
 イラン、特に革命防衛隊は、30年に渡りこの範囲で攻撃ができる兵器を開発し、配下の武装勢力を育成してきました。職業軍人というのは、過剰な投資と過剰な自信が蓄積すると、戦争をやりたがるものです。革命防衛隊のイラン国内での力が、誰も止められないほど増大しているのは非常に深刻なことです。1940年の時点の日本の陸軍を上回る過剰な投資と過剰な自信、そして今にも暴走しかねない中堅幹部たちを抱えていると見るべきでしょう。
中国に加えて、イランとも対立を激化。米国はこんなに戦線を拡げて大丈夫なのでしょうか。
【国際】強硬論が高まるアメリカとサウジアラビアに対する牽制であって、両国がイランに手を出さない限りは全面戦争にはならない。別の報道でもあった通り、アメリカ国民の大多数はサウジのために戦争をすることを支持していない。これまでのアフガニスタンやイラクとは異なり、それなりの軍事力と士気の高さを誇るイランと戦争をすることはアメリカの国力を衰退させるだけであり、何のメリットもない。
ざっと見ても、イランはシリアでイスラエルと対立、イエメンではサウジと対立、米欧とは核合意をめぐって対立。さらにロシアがイランに肩入れしており、状況は複雑に絡み合った糸のようだ。米国がイランを攻撃したところで簡単に解決するとは思えないし、今の所、米国にもその意図はなさそうだ。
イラン人のスタッフと話しているとロウハニ政権の評判は悪いですね。特にイランの通貨が下落しているので国内にいるイラン人はとても困っているようです。
イランでは大統領には殆ど権限がなく最高指導者はハメネイ師で宗教のトップです。
現政権はは自分の延命ことしか考えていないと話しています。
うーむ。辞さず、ではなく、辞めるの方向でお願いしたい。チキンレースで引くに引けないは求めてない。
イランはトランプ大統領が軍事紛争を避けたいと言っているのでサウジの石油施設の攻撃に躊躇はなかった。アメリカが軍事的な反撃に出ればイランは協力しているいるシリアや地域各国にいる武装集団を動員して紛争は地域中に広がる、トランプ氏がデイールが出来るチャンスはもう過ぎ去っている。局地的な武力行動は避けられなくなった。思慮のないトランプ政権は米イ関係をますます悪化させ解決の糸口は見えてこない。