新着Pick
109Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トリチウムは宇宙から降り注ぐ放射線などで毎日それなりの量が自然に生まれ、大気中に常に一定量存在し、12年余りでほかの物質に変化して半減するそうです。そして、地球上に存在するトリチウムの量からすると、福島第一原発の汚染水に含まれるトリチウムは殆ど問題にならない程度の少量に過ぎず、十分薄めれば健康に影響はない、というのが専門家のほぼ一致した見解だと聞き及びます。
これが海洋に放出できないのは、健康への実害というより、風評被害への懸念です。科学的事実は脇に置き、日本に不利な風評を最大限煽り立て、風評被害を活用して日本を攻め立てる姿勢を見せるのが近時の韓国であるように感じないでもありません。トリチウムは水と一体化しているので取り除くことが難しく、韓国の原発なぞは平気で流出させているという噂を耳にします。専門家でないので「激論」の評価はできませんが、その辺りが事実なら、韓国の実態も含めて真実を上手に世界に示し、最近の韓国の“特異な体質”を世界に問うことが出来れば良いのだけれど・・・ (-“-)ウーン
トリチウムの海外放出に大きな問題はないというのは多くの専門家の一致した見方です。原子力規制委員会の更田豊志委員長も「希釈した上で海洋放出するのが最も合理的」と発言しています。ただ、当たり前のことですが、海外放出はしない方がいいに決まっています。また小泉進次郎氏も就任会見で答えていましたが、ずっと風評被害に苦しんできた福島の方にさらに心労をかけることがあってはいけません。残された時間は少ないのですが、この問題を直ちに解決することはできません。
それはさておき、韓国との論争は、風評被害のさらに先にある問題であり、議論で解決するとは思えない面があります。キムチには必要で、安全も実証されている宮城のホヤを韓国は今も受け付けていません。この状況では、議論の成果は期待できません。
全てのことで日本にイチャモンつける文政権。韓国のイメージを世界的に貶めているだけな気がする。日本は冷静に対応したいですね。
ウィーンで開かれた国際原子力機関の年次総会で、韓国と日本が激論とのこと。国際的な場で日本の主張を明示するのはいいと思います。
トリチウムとは三重水素の事で水素の同位体

自然界では毎年7京2000兆ベクレルのトリチウムが生成され世界中の大気と海に含まれている

http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2009_07/jspf2009_07-423.pdf

「トリチウムは最も危険性の低い放射性核種」
「管理された放出は世界の原発で行われている」

国際原子力機関 処理水の放出検討を促す
https://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304906204579239173537179010

韓国は年間360兆ベクレルのトリチウムを海に放出している
https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H28FY/000744.pdf