新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
載「シゴテツ -仕事の哲人-」、Peach CEO・井上慎一さんの第7 回(最終回)です。バニラエアとの経営統合が2019年11月に完了し、ピーチは国内LCC最大手に、旅客数ではANA、JALに次ぐ国内第3位の航空会社になりました。

「振り返ると、大阪を拠点にしたことが、最も大きな決断だった」と語る井上さん。当時、「絶対に成功しない」と周囲から見られていましたが、ある「強い思い」があり断行しました。
ーーー
日本初のLCC(Low Cost Carrier)として、2012年3月に運航を開始したPeach(ピーチ)。関西国際空港に拠点を置き、「空飛ぶ電車」をコンセプトに掲げるなど、従来の航空会社とは一線を画す独創的な発想や戦略で、低コスト化を実現してきた。2019年11月にはバニラエアを統合し、アジアのリーディングLCCを目指している。

そんなPeachをゼロから立ち上げ、牽引してきたのが、CEOの井上慎一氏。「日本とアジアのかけ橋になる」というPeachの使命は、中学時代からアジアとの縁に導かれた、井上氏自身の使命でもあるという。

井上氏のリーダーシップの原点や、LCCを天命とするに至ったルーツなどから、その哲学に迫る。(全7回)

■第1回 日本初のLCC「ピーチ」をゼロから立ち上げた男の天命
■第2回 「日本とアジアのかけ橋となる」使命の原体験
■第3回 負け癖のついたチームが勝つチームに変わる指導法
■第4回 三菱重工で学んだ外国人とのコミュニケーション
■第5回 LCC界のレジェンドに学んだ低コストとおもてなし
■第6回 「おもろい」工夫から、新たな価値が生まれる
■第7回 「空飛ぶ電車」で顧客の人生に彩りをもたらす
めちゃくちゃ儲かるビジネスではないけど、GAFAより手触り感や夢のある仕事だなぁと。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。