新着Pick
406Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
投資家のアペタイトは、他人が賞賛したモノに対して強くなる。自分では決める勇気がない、とチェスキーさんはシニカルに語っています。

でも、これが現実ならば、その儀式に合わせればいい。若い頃の自分に助言するとしたら、「投資家に会うのを急ぐ必要はない」ということにだそうです。

資金を調達しすぎない、というアドバイスもあります。ビッグなファンドには乗らない方がいいと。それに目が眩んだとたん、マネーゲームの道具にされてしまう。

人々に愛されるビジネスを創出するには、自分でコントロールできるようにしておくことが大切ですね。
妥協しない人材採用とカルチャー共有。

企業の成長の原動力となり、次世代へ受け継がれていくカルチャー。それを可能にする人と人との間に高いレベルの信頼。

優秀で高い信頼感を持てる人材を集める。人材採用を急ぎ、頭数だけ揃えた組織にしない。

当たり前と思われることを、妥協しないで実践することが、企業を強くする好例ですね。
チェスキーの「人々に愛されるプロダクトを作ること、素晴らしい人材を採用すること。この2つに尽きると思います。」という言葉はシンプルで素敵。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。