新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国株はダウが続伸、ナスダックとS&Pが反落とまちまち。指数によって連騰続き、一服と分かれてはいるものの、じり高基調は変わらず。目先の強気姿勢を崩す必要性は感じず。ただ楽観視しすぎての油断は禁物。
ダウ+0.13%、S&P-0.07%、NASDAQ-0.21%。
トントントンと戻ってきた米株も一休みというところか。一番は50年債など超長期債の発行への言及もあり、10年債利回りが+0.12ptの1.90%まで戻ったこと(逆に今後への利下げ期待はどうなる?)。ただ為替はそこまで反応せず108.1円。日経平均先物は-100円ほどだが、6月くらいからの現物優位な状況に加えて9末の配当落ち分もあって、日中には170円くらいの差があったので、実質は+70円ほど。
業種別には素材+1.14%、金融+0.84%、エネルギー+0.80%、資本財+0.52%の4業種がプラス。マイナスは不動産ー1.27%、生活必需品ー0.75%、テックー0.67%など。
個別絵は業種に沿った動きで資源大手Freeport-Mcmoran +3.76%、Du Pont +3.16%、Mosaic +3.05%などが強い。マイナスではタバコのAltria -5.51%、Broadcom -3.41%などが下落。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
148 兆円

業績