新着Pick

LINE Payと仮想通貨の融合も視野に? LINEが交換業登録

Business Insider Japan
LINEが日本の仮想通貨(暗号通貨)市場に本格参入する。 2019年9月6日に、子会社のLVCが資金決済法に基づく仮想通貨交換業者としての登録を完了させ、日本国内で取引所を運営できることになった。 2019年12月期第2四半期(4〜6月)決算時点で、メッセンジャーアプリ「LINE」の月間アクティブユ...
156Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
LINE PayやLINEポケットマネー、更にユーザーの信用度を可視化するLINE scoreや本人確認を用意にするe-KYCなどの数々の金融関連サービスを始めた事で、間違いなく仮想通貨を扱う事に向けてると思ってましたが。確かにすでにLINKがあるので、それをどう日本なり各種市場に持ってこれるかという点にフォーカスして考えれば良い状況に作り上げられてますね。

CCCがTポイントでビットコインと交換できるという画期的なサービスをリリースしましたが、LINEポイントがそのままLINKの価値に換算され、日本円とも連動すると、当たり前に大衆に仮想通貨が利用され、電子マネーが当たり前にブレークスルーする。
リブラと同じであるも、LINEはローカルに沿っている分、気にするべきルール、法律の対策も絞り易い。国策と連携したら日本は国力あがるかもしれない。
LINEの決済は、もともと少し複雑な制度になっています。
LINE Cashは前払式支払手段、LINE PAYは資金移動業(そのため、LINE Cashアカウントでは本人確認不要でも、LINE PAYでは本人確認手続が必要となる)。
これに更に独自の仮想通貨LINKが発行されることとなる。
もう利用者は大混乱ですね(笑)。
基盤であるメッセージサービス利用者が8,100万人。
これだけの基盤があると仮想通貨はじめとした各種サービスをリーチすることは大変ではないはず。

あとはいかに普及促進できるか、ですね。
LINE Payの利用感で、仮想通貨としての決済も可能になったとしたら、仮想通貨の決済機能としても普及するのではないでしょうか。
LINKがLINEポイントのようなかたちでユーザーに付与される姿は想像しやすい。円にペッグしたかたちでないのであれば、仮想通貨の印象が強くなり、ユーザーには馴染みにくいものにものになるかもしれないと感じる。
LINK対応用でしょう

業績