新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国内でも花王や資生堂などの大手は細胞・分子生物学的な手法で皮膚などの知見を集めています。化粧品やシャンプーにおいても生命科学が必須となりつつあります。

皮脂中に人のRNAが存在することを発見
独自の解析技術「RNA Monitoring(RNAモニタリング)」を開発
https://www.kao.com/jp/corporate/news/2019/20190604-001/

資生堂の毛髪再生研究
https://www.shiseidogroup.jp/rd/development/medicalcare.html
私たちの身体を覆う皮膚は、その深層にある真皮、皮下組織との絶え間ないコミュニケーションによって維持されており、そのような個体としてのダイナミクスを捉えなければ、皮膚の生態の全体像は捉えられません。

すなわち、実際の皮膚の加齢や再生のメカニズムは、iPS細胞を用いた観察結果とは大きく異なる可能性がある、ということです。

それでもなお、細胞レベルでの観察が一定の知見を与えることには疑いはなく、研究を行う価値はもちろんあります。

しかし、基礎レベルの研究と自社製品の販売促進を狙う企業とが強力にタイアップすることは、研究結果の不適切な解釈や、個体に適応するには未熟な「エビデンス」を振りかざした不適切な販促に繋がるリスクを内包しており、今後の動向には注意も必要です。
写真のお二人は存じ上げていますが、こちらの共同研究の話は全く知りませんでした。ウォルツェン研はピギーバック・トランスポゾン法による遺伝子改変法を得意としていて、研究所内でも彼の作ったピギーバック法をコラボレーションで使わせてもらっているラボもあります。昨今はよく話題に上がる遺伝子編集技術であるCRISPR-Cas9法もやっていますが、ピギーバック法ならではの利点もあります。こういったツールと技術に長けたチームが所内にあると大変助かります。

今回は、皮膚の老化モデルをiPS細胞の分化方法と共に提供して、共同研究すると見られます。

プレスの研究発表内容からは、基礎研究よりの共同研究で、ビジネスに直結させてプロダクトを出そうというには見えませんので、老化モデルの提供によって面白いことがわかれば良いですね。

海外にしてみればES細胞だって主流にありますから、高齢の健常人から作るモデルという点に意味を見出している研究になると思います。

ウォルツェン先生は初めての海外からのPI(主任研究者)で、今回の海外の化粧品会社との初の共同研究も彼のネットワークを生かしたものではないかと推察します。
加齢に伴う皮膚の悩みと言えば、まずはシミやイボでしょうか。いまは液体窒素で焼いたりレーザーで治療しますよね。iPS細胞活用でどのような進展があるのか楽しみではあります。
『iPS細胞から作製した皮膚の細胞に、日常生活に伴う紫外線や温度などさまざまなストレスを加え、どのような過程で変化するかを解析する計画』

なぜ敢えてiPS細胞から皮膚を作製する必要があるのか聞いてみたいです。どんなメリットがあるのでしょう?穿った見方をすればiPS細胞という名前を用いたほうが宣伝になるのでしょうか?

『加齢がミトコンドリアに及ぼす影響を研究し、皮膚再生の治療法開発を目指します。具体的には、クヌート・ウォルツェン准教授 (CiRA未来生命科学開拓部門)が率いるウォルツェン研究室が、高齢健常人ドナー由来iPS細胞やゲノム編集技術のノウハウを提供します。』

https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/news/190912-153000.html

基礎研究として、加齢のミトコンドリアへの影響を見るとのことですね。ミトコンドリアは好気性代謝を司る器官ですから、アンチエイジングへの影響はありそうですね。

まだ加齢とミトコンドリアの関連性を見つける基礎研究の段階ですから、今後の成果に期待ですね。
なんかブランディングに利用して(されて)いるような…
日本フォーカスの皮膚の再生医療であれば、富士フイルム傘下のジャパン・ティッシュ・エンジニアリング社や、資生堂と提携するカナダRepliCel社などがありますね。
https://www.google.co.jp/amp/s/kyodonewsprwire.jp/release/201903194419/amp
老化のメカニズムが解明され、老いない身体が現実的になった時、人間は幸せになれるのでしょうか。
「iPS細胞の技術を利用し、皮膚の再生や肌を若く保つための手法の開発を目指す」
特に皮膚の再生については期待したいです。

業績