新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現状で話を進めるには、説明不足だと思います。

そもそも、花粉症治療薬を全て全額自己負担と言っているわけではありません。アレグラなど一部の薬剤を対象にしていますから、花粉症を医療から切り離すという施策ではありません。

また、今回の提案はもう長きにわたり議論されてきたことなので新しい話題というわけではありません。これまでは、医師会からの強い反対があり、土俵に乗らなかったものです。医師会側からすれば、(患者さんを守るという名目もあるかもしれませんが)毎年確実に発生する花粉症患者さんがいなくなると、経営に影響が出るという裏側も垣間見えます。裏を返せば、花粉症患者は医療費を医療機関で使わされてきたという言い方もできます。

患者さん側の視点で言い換えると、花粉症の治療薬を病院でもらうためには、薬の代金だけではなく診察や病院の受診料、薬局の調剤費用も支払いをしなければいけません。

このような方法をとると、3ヶ月分の薬をもらうのに、だいたい計4000円から5000円の支払いをすることになります。実際には1万円を超える費用になりますが、国家負担分の9000円程度が引かれて出費が4000円に抑えられています。

これと同等の市販薬を薬局で購入すると6000円程になり、支払いは3ヶ月あたり1000円から2000円ほど増えますが、市販薬の売り上げが上がればそもそも薬価が下がるかもしれません。また、少なくともトータルで見れば、5000円以上の無駄削減です。

また、この花粉症に対しては、内服薬よりも有効性が高いと臨床試験が示唆している鼻のスプレーの薬があります。全身投与の必要がないので、眠気や集中力低下といった副作用がなく、3ヶ月で4000円弱の支払いになりますから、こちらを使えばそもそも支払いも変わりません。

現状医師の独断で、内服薬が安易に処方されますが、このように他にも治療の選択肢があるのです。

これらのことをトータルで見て、国家負担の9000円×受診者数(例えば100万人でも90億円です)の節約ができ、そのお金を他に有意義に使えるのであれば良いという意見も多くあって然るべきではないかと思います。

さすがに世論がこのような状況では、まずは他の疾患にと方向転換が迫られるかもしれませんが、近い将来、この花粉症も待ったなしとなることも容易に想像されることではあります。
「花粉症治療薬が自己負担になる」というフレーズばかりが前面に出てきており、国民の反対を煽っているようにも感じられます。

まず、健保連の全体としての提言は、薬局で買える薬を病院で3割負担で購入できるシステムを徐々になくすべきだという内容です。これまでにもビタミン剤、保湿剤、湿布などは同様に保険診療で処方する必要はないと提言されています。

背景としては、薬剤は3割負担で購入できても初診料、診療費、調剤費など薬価以外のさまざまな負担が発生して、場合によっては薬局で買うよりも高くなることがあるとの事でした。また、この薬価以外の負担が医療費圧迫につながっており、この無駄をなくすと600億円の医療費が削減できるという内容です。

健保連からは、医療費の増大により、75歳以上の負担を1割から2割に増額するべきだとの提言も掲げられています。無駄な診療を減らすことは日本としては急務です。一方で、病院や診療所の経営を考えると患者がいなくなることで収益が減るという問題もあります。

https://newspicks.com/news/4207673/

そうなると、実はディスカッションポイントは薬価ではなく、診察料を含めた診療報酬になるのです。

医療の経営者→ 収益減少のため反対
勤務医→無駄な受診が減るため賛成
国→医療費削減のため賛成
国民→負担が増えれば反対、負担が減れば賛成

という構図になります。

国民の賛同を得つつ解決するのであれば、病院を受診する方が高くて、薬局で買う方が安くなるよう薬価を調整するほかないと思います。または診療報酬の仕組みに手を加えるのも手です(より複雑になりますが。。。)

薬局で買う方が安いとなれば、ヘルスリテラシーの高い人の負担が軽くなる事になります。このような仕組みづくりを進め、徐々に無駄な病院受診をなくしていく方向性を模索しなければ、将来の国民負担は増大するばかりです。
医療費は元をたどればすべて国民の財布から出ていて、どのように使われるかの判断には、その医療に対しての国民の支払い意思を考える必要があります。

花粉症は国民のQOLを著しく低下させ、労働者の生産性の低下に繋がっているのは非罹患者にとっても明らかですし、全額負担にすることにこれほど反対意見があることからも、国民の支払い意思は高いのだろうなと思います。
ただそれだけを質問すれば、むしろ賛成する意義がわかりません。おそらく花粉症やアレルギーはない人たちでしょうか。

アレグラだけのことで言えば、OTC薬のジェネリックだと1か月分1000円で買えますから、通院負担を考えると別にそれでも良いようにも思いますが、、、

ちなみに日経メディカルのアンケートでは医師は賛成票が多かったようです。
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/1000research/201909/562161.html

開業医でも耳鼻科などでは反対が多くなると思いますし、医師会は基本的には賛成しないと思います。
花粉症の薬が全額自己負担になるなら、花粉シーズンの避粉も同時に許可して欲しいね。どうせそれは大抵の企業では無理なわけで避けられない国民病なのにコストまで増えて可哀想過ぎるでしょ。
個人的に「市販薬と効能が同じ花粉症の治療薬」が何を指すのか分かっていないです。


コメント欄にアレグラがよく出てきますが、「アレグラがマツキヨで買えるのに保険診療は無しにしようぜ」なら分かります。そりゃそうでしょ。(そういう意味では湿布もそうですし、ローションのヒルドイドもそうでしょう)
市販薬と効能が同じ花粉症の治療薬を、医療保険の適用から外し、全額自己負担とするべきだとする健康保険組合連合会の提言についての世論調査。花粉治療薬については確かに反対の声を周囲でよくききます。それくらい生活に直結する症状なのだということなのだと思います。

花粉症薬、保険適用外に=医療費600億円削減-健保連提言 (時事ドットコム、8月23日)
https://newspicks.com/news/4160410
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア