新着Pick

なぜ日本人は「甘い飲み物離れ」をしているのか

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
281Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやぁ、その傾向をタイランドでも是非!その3
タイでは緑茶を買っても甘いだなんて、衝撃的すぎますよね。

でも、いままで脳天を突き抜けるような甘さを体験したのは、田舎の親戚を訪れたときに出されたカルピスの原液。田舎では原液のまま飲まれているのか、水で割るということをご存じなかったのか、いまとなっては確かめられませんけども。
その傾向をインドネシアでも是非!その1

そもそも、飲み物に砂糖を入れる文化でないと言うのが絶対的にあると思います。フルーツジュースだって、海外から多分きたもので、日本のものかと言うとそうでないと思います。逆に甘い飲み物自体が、日本文化の中にあまり無いのかも。甘い菓子と渋いお茶ですよ。

少なくとも、私の知るインドネシアでは、甘くない飲み物はサッパリ売れず。私が愛してやまないSosro teh tawarと言う、おそらく唯一の無糖のお茶は、コンビニで置いている店舗が多分6割くらいか。

えっと、ただ単に、甘くない飲み物の商品が増えただけってのは多分あります。売場面積と売上は比例すべきですし。
「甘いもの離れ」って、さぞや市場が落ちてるのかと思いきや、記事にある数字を組み合わせて計算すると、わずか0.6%の減少。ちなみに2018年は人口も0.2%減っていることも頭にいれた方が良さそう。記事に騙されてはイケませんね。また、あんなに糖質過多のタピオカドリンクをがぶ飲みしている中では、全然説得力はないですね、、
その傾向をインドネシアでも是非!その2

日本で甘くない飲み物が主流なのは今に始まった話ではないです。
甘さ離れなんかじゃないです。
おまんじゅうと合わせて飲みたいだけです。

東南アジアでは、他の方々もコメントされているとおりコーヒーだろうと緑茶だろうと甘い(とても)ので、まっさきに「飲み物甘くすんな」の言い回しを覚えました。

シンガポール、マレーシア
Kopi O kosong (コピオコソン=ブラックコーヒー)
Kopi C kosong (コピシコソン=ミルク入りコーヒー、砂糖なし)

インドネシア
Tolong jangan manis ya (トロンジャンガンマニス、ヤ=甘くしないでください)


温泉まんじゅうと緑茶が欲しいなぁ…
私のいるフィリピンはなんでも甘い飲み物が人気です。お茶でも甘いので、水以外で甘くない飲み物が欲しくなります。
フィリピンでも健康志向が高まってほしいです。
タイランドだけではなく、ベトナムでも甘い飲み物多いですよね。
最近、シンガポールでは、甘くないお茶が増えたような気がします。でも、カヤトーストとコーヒーは甘すぎて身体に悪そうな気がします。
日本人の甘い飲料水離れ。

毎日米国で病的肥満と闘う医師の立場からすれば、素晴らしいことだと思いますが、
かなりざっくりしたデータなので、20~30代の若者での健康志向が高まっているのか、40~60代の中高年なのか、子供たちの中でもそんな気風があるのか、
気になりますね。

アメリカでは、ソフトドリンクが手に入りにくいように、学校での発売が禁止されたりしていますが、
自力では歩けないほどの病的肥満の患者さんを頻繁に診ていると、ソフトドリンクだけの問題では無いよなぁ、とつくづく思います…
日本に帰国してからは清涼飲料水をよく飲む方だと思うのですが、大部分は炭酸水かブラックコーヒーです。糖分や甘味料が入っているものに関しては活動量の多い時や汗をたくさんかいた時に摂るようにしています。甘ったるいものが苦手でもあるので、甘い飲み物に関してはなかなか手が出ません。結局のところいつものルーチンを回してしまうのです。

新製品で気になるものがあれば、時々挑戦しますが、結局のところは自分の好みと会わなければ持続的に買わなくなるので、定番品ばかり購入しています。
個人的にはかなり離れてますけどね
なぜなんだろう
糖分摂り過ぎていたことに気づいたからか
テレビなど観なくなって清涼飲料水のCMをみなくなったからか
甘いのスキ(メリケンなので)