新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イランは、IAEAに事実を確認させ、発信させているのである。つまり、イランが、IAEAの査察に対する協力の度合いは維持しているということである。また、濃縮活動が続けられているのは、イランが保有するウランのごく一部に過ぎない。また、濃縮といっても4.5%で、2015年の合意以前は20%だったことを考えれば、大した値ではない。要するに、経済制裁に怒るイランは、それを訴える象徴的なメッセージを発信し続けているのである。欧州諸国は、イランの苦境を理解し、むしろアメリカに対する非難を強めるだろう。