新着Pick
1204Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この日が来たのですね。ZARA、H&Mは脱ファストファッション→サステナブルブランドへ、ユニクロは情報製造小売業へ、英国のPRIMARKは絶好調という情勢。グローバルトップは価格以外の価値を提供していこうという動きで、メーカー側の価格勝負の限界だと感じます。
バーニーズニューヨークに続いて forever 21まで。 服という商品の難しさは有りますが、このトレンドは小売り全般で危機感を持つべき内容だと思います。 単に売る場所から、お客さんがブランドに親しみを持つ場所に変わらないと行けないのでしょう。収入はもはやその場で売るのではなく、オンラインの注文も加味して考えなければいけないので、もはや店舗の運営は各店舗単体の黒字化よりも、マーケティングコストとして考える必要があると思います。 

この波は日本に4年ぐらい遅れて(オリンピック1回分遅れて)やってくるのでしょう。 日本の人口動態はシニアに偏っているので、変化はゆっくりに見えてしまいますが20代の購買動向を注視しなければ20年先の消費行動を読み違えることになります。
フォーエバー21が米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請を検討している。ついにといった感じがします。ネットとの競争に敗れた形だが、価格だけでなく質の面でも競争力を失ってしまったことが要因だろう。今の消費者は多くの情報を得て厳しい目で見ている。ブランドだけでは維持できない時代であり、これからも緊張感を持ち続け進化し続けない企業は同じ道を辿るのではないかと思う。
遂にこの日がという感じもします。日本では松屋銀座に出店したあたり(2010年)がピークだっただろうか。(2013年3月に松屋銀座の店舗は閉店)。H&M、ZARAなどとの争いに勝つだけの何かがなかったかもしれない。GAP、アメアパなどアメリカのファストファッションが欧州組の勢い破れ、ついにフォーエバー21まで。そう考えると、ユニクロはすごい。
あんなに流行ったのに。あんなに買ったのに。あんなに着たのに。
うっすら感じていた、一つの時代が終わった感がズシッと感じられて、なんだか寂しい気持ちです。
中国、台湾市場からも撤退し、Xデーは近いのではとも言われていたフォーエバー21が破産法適用申請を準備しているとの報道。
「破産回避へ土壇場で合意する可能性は残っているものの、焦点は連邦破産法11条の適用申請に向けたつなぎ融資(DIPファイナンス)の確保に移っている」状況とも。

【フォーエバー21が撤退! 「Xデー」に怯える商業施設関係者たち】
https://newspicks.com/news/3895056
昔、LAの比較的高級ショッピングモールにフェーエバー21がテナントとして入る時、地元の人が反対していたことを思い出しました。何がいけなかったのか分かりませんが、アメリカの白人対ヒスパニックの対立の象徴でもあったような気がします。

ZARAは世界中で安定したポジションを確立して、フォーエバー21は、Chapter11申請。かつては一世を風靡したアパレルのSPAブランドの行方も悲喜こもごも、時代が流れたことを感じます。
アパレル業界は、売れないとデッドストックが積み重なってキャッシュフローが悪化します。

日本でも、資金繰りができなくて倒産するケースが多いようです。

連邦破産法で再生できるかどうかは、記事にあるように資金調達ができるかどうかでしょうね。
昨日久しぶりに渋谷のF21(←若めターゲット女性誌だとこう略します)に行きましたが、お店の中は相変わらず混んでいました。ですが、いかんせん、モノが探しにくい。。。

ドンキホーテ並みの宝探し感、いえ、ドンキは階やフロアによってきちんと分類されていますし、店員さんも何がどこにあるか把握していて、質問すれば丁寧に教えてくれます。

これはZARAやH&Mにも言えることですが、情報過多の時代の中で普段からネットで大量の情報に触れ、検索やターゲティングに慣れている状態なのに、自分の足や目を使っての"リアル検索"を求められると(というかそれしか選択肢がない)、疲弊してしまいます。効率が悪すぎてげんなりです。

無地の靴下が欲しかったのですが、結局F21では見つけることができず、店員さんがフロアにいないので聞けもせず、結局無印良品に移動して購入しました。

同じような出来事として、ZARAで欲しい商品があり店員さんに場所を聞いたところ、品番がないとわからない、オンラインで自分で探してくれ、と言われたこともあります。店舗にいながらオンラインを開き、検索してみたものの品数が膨大すぎて見つけられず諦めました。

ユニクロや無印では、そんなことはありません。自分1人でも何がどこにあるのか探しやすく、分かりやすく並んでいます。

検索が日常になっている今、"スムーズな発見"の重要性は以前より高くなっており、アパレル業界もそれに対応していかないと、客足は離れ、このように残念な結果に繋がるのではないかと思います。
不採算店舗の閉鎖をするにも、お金がかかります。
Peor1importも、破産申請後に、店舗閉鎖して、ネット通販の比率を上げて、復活。