新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現場を離れてから日が浅いという点を無視するとしても、中央銀行幹部の経験者としては極めて異例な内容の発信であると思います。

Dudley氏は、私自身、前職の時から存じ上げており、転職後も時々時間を割いてもらっただけにコメントしにくい面もありますし、真実の一面を捉えていることも事実ですが、ファンダメンタルズに即した政策運営を志向するFRBは困惑せざるを得ません。

Dudley氏には何らかの別の意図があったようにも思えますが、少なくともFRBにとっては、残念ながら「贔屓の引き倒し」になったように見えます。