新着Pick
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事で「なるほどそういうことなのか」と思った箇所(記事の本論とは関係ないのだが)。

・日本による韓国の「ホワイト国」除外措置は、安全保障貿易管理の不備を指摘されて、国家的な屈辱以外の何物でもない

・GSOMIAの破棄は、日本に対する韓国の不快感を示すものとして、国内で溜飲を下げている勢力は多い

これが事実だとすれば輸出管理についての日韓の軋轢をわたしも見誤っていた。これではどれほど日本が「きちんと輸出後の管理の徹底をした上で経路の証拠を出せ」と言っても無意味だ。

「証拠を出せと言われてぐぬぬ出せない痛いところを突きやがって」というのが理由だと思っていたのだが。そうではなくて「証拠を出せと言われたこと自体が耐えられない国辱だから」というような相手に対して手続きについて何をどれほど情理を尽くして説明してもまともな返事が出てくるはずがない。言語空間が最初から違うのだ。おそらく応募工(いわゆる徴用工とかいうやつ)に対する韓国の態度も同じ文脈なのだろう。

だとすれば日本側には合意点を見いだす動意も利益もない。「スルーする」という日本政府の方針にはそういう背景があったのか。