新着Pick
411Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
デジタルシフトをリードするオプト鉢嶺社長との対談。議論の冒頭から「それは、ロックか?」僕の考えるデジタルシフトの考え方にこれ程までに仕掛けてくる経営者がいたとは!ありきたりのデジタルの話しに飽き飽きしている方は必読です。ちなみに鉢嶺さんとは同級生。感覚が合うはずです。
デジタルシフトやデジタルトランスフォーメーション(トランスコスモスでも標榜していますが)これらの言葉の先にある本質は「デジタルファーストでビジネストランスフォームすること」だと思っています。これは非常に難しい。なぜなら既存のビジネスを一旦忘れるくらいの気持ちが必要。NetflixのようにもともとDVDをオンラインでレンタルしていたサービスから、コンテンツそのものをクラウド化しアプリのサブスクで提供する、という点においても、前者は既存ビジネスのデジタル化のみで、後者はデジタルでビジネスモデルの変革になっているわけです。結局大切なのは時代が大きく変わってきていますから、単純に既存のモデルの延長線上のデジタル化を推進すればいいというわけでなく、ビジネスモデルのアップデートが重要ということで、それにはデジタルが必須ということなんですよね。大企業にとっては難しい時代が突入しますが、ここを変えられたら企業はこの先100年時代の波に乗れますからね。それだけビッドする価値があるということだと思います(^^)
鉢嶺 デジタルシフトの本質は、GAFAが自分たちの領域に参入してきても「うちは大丈夫」と自信を持って言える状態になっていること。
エリックさんと鉢嶺さんの“ロック”な対談でした!お二方ともかっこよかった!

デジタルシフトはトップの責任、日本企業はもはや生きるか死ぬかの瀬戸際、GAFAが自分たちの領域に参入してきても大丈夫だと言えるのかーー。デジタルシフトの本質とは何か、ぜひ読んでいただきたいです。
"ごっこ"ではなく、どっぷりデジタルに浸かる事が大事であると切に思います。デジタルシフトを世の中に浸透する担い手になる事に、自分の会社ながらとても共感してます。そして言い続け、実行に移し、行動し続ける事が大事。
最新最先端の情報をインプットし続け、自ら先駆者としてアウトプットする事に意義がある。

ただ、デジタルシフトは技術だけの話ではなく、"人の進化"もそこに含まれるので、世の中がどんどん便利になり、自動化が進み、そこに甘えると絶対に退化する。そこで生まれた時間や知識を栄養として、個々人がより成長する事がこれから先強く求められる。
#RPA は、デジタル“ごっこ”
抜本的な改革でなく、短期的なコスト削減だから。
なるほど、その通り!
企業に破壊創造的ロック魂と、最先端のデジタル思考/技術/パートナーシップが大切なのは記載の通り。

デジタルが分からない、尻込みしているトップが危険なのもその通り。

それと同時に危惧すべきは、ロックな精神を持ち合わせない若者が増えてることだ。
デジタルシフトの意味合いの理解も人により差が大きいと感じます。色々意見ある部分ですが、『デジタルとはインターネットやAI、IoTのことではなく「非連続なイノベーション」』という表現は一番しっくりきました。

ブレてはいけない部分と「能動的に変わっていく部分」、
こだわる部分を間違えた会社が淘汰されていくのだと感じます。

あとは、ナンデモ自前主義。これは変化を鈍らせますね、、

>アメリカでは、トップの役割が「自ら変革を起こす人」へ明確に変わったことで、CDO(Chief Digital Officer/最高デジタル責任者)が次々とCEOに就任しています。
これはCDOがイノベーターであることから、現在のCEOにも同じイノベーターの素養が必須になってきていることも意味している。
>そういった新陳代謝が日本企業には自然と起こりにくいのだとしたら、確実にオプトのような企業に寄り添ってもらう必要があると思います。自力で変革できないなら、力強いサポーターに頼ればいい。あとは、頼る勇気です。
鉢嶺さん素敵な方です。
この連載について
この先の5年後、10年後を見据えて経営のかじ取りをしている経営トップ層の方々やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトによって実現されていく未来を伝えていきます。
株式会社オプトホールディング(おぷと、Opt, Inc.)は、東京都千代田区に本社を置く持株会社である。株式会社オプトをはじめとしたインターネット広告事業を行う企業を傘下に置いている。 ウィキペディア
時価総額
536 億円

業績