新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前からコメントしてましたが、置局折衝や建設は時間も労力もコストも果てしなくかかります。
https://newspicks.com/news/2849326/
ネットワークの仮想化は素晴らしいですが、置局折衝と土木建設はIT化の恩恵は受けにくく簡単な領域ではないで、楽天には粘り強く頑張って欲しいものです。

そんなことは免許を出したときに総務省は分かっていたはずですが、4つ目のキャリアを2019年中に誕生させることありきに話が進んでいたように私は感じていますし、このタイミングでこの発言はちょっと、、と思いました。

現在の状況がまとまった記事はこちらおすすめ
https://newspicks.com/news/4103680/

(追記)
ちなみに、遅れについては楽天の努力により時間がある程度解決してくれますが、最も気になるのは地下鉄のエリア化です。
https://newspicks.com/news/3210773/
仮想化の技術を持って5Gに新規参加してもアンテナや光ファイバーとの接続は地道に時間がかかり、更にファーウェイの機器が使えなくなって当初より運びにくい、重い基地局を整備しようとすると人材不足となって整備に遅れが出てしまっている一因になっているのでしょうか。

ただ今年秋を目指しているのはアメリカの新学期の時期に合わせている為なので、日本が本格的に5Gの携帯に乗り換え始めるのは新学期に合わせて来年3月ぐらいになるのでそこを本来は目指しているのでしょう。
『6月末時点の基地局は予定の半分に満たない水準』だが『三木谷浩史会長兼社長は8日の記者会見で「基地局の整備は10月には完全に間に合う」と説明』したそうだ。通信料金が下がるためにも楽天の奮起を期待します。
通信ができる、ネットワークに繋がるというのは、地味な計画と実行の繰り返し。
先日の三木谷さんの会見でスモールローンチだということがわかった段階で基地局整備に手間取っているとは言われていましたが、すでに総務省から工事の迅速化を求められていたとは。菅さん、会見で何度も楽天の名前を出して期待している感じだったのに、総務省も含め、期待外れのスタートになりそうだ。
予想の範囲内だと思うし、監督官庁としても遅れが出れば「お作法」として迅速化を求めざるを得ないだろう。物理的な部分で色々大変な点は少なくないと思うが、頑張ってほしい!

業績