新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
さすがに武力制圧をするまでには至らないと思うが…現実としては予防的介入だと思う。
緊張感が増している中での本土内での移動は、予防的措置であれば国際的に一定説明がつくと思う(素人感覚だが)。逆に実際に武力制圧をすれば、天安門事件が本土内で情報統制されている中でも現在まで大きな国際関係のマイナスとなっていることを踏まえれば、とんでもないマイナスになるわけで、そこまでのリスクを中央政府がとるメリットがないように思う。
情報が正しいかどうかまだ、判断しにくい段階。天安門事件から30年。中国はその教訓からこれまではやや自制的ではありましたが、どう動くか。
もし事実であれば、香港はいよいよ辛い状況になる。
そして、これは香港だから国際的にニュースになっており、南西部、西部でも同じことが起きていても本当にニュースになったのかは不明。
こんなTwitterの投稿だけでなく、毅然と行動をすべきだけど、トランプは自由と民主主義を守るため西側の盟主の座よりも、再選のための分かりやすい人気取りだけに夢中… 香港が心配だ…

トランプ大統領はツイッターに「米情報機関から中国政府が香港との境界に向け軍隊を移動させているとの報告を受けた。誰もが落ち着いて行動し、安全を確保する必要がある!」と投稿した。
どうであれ事態を深刻に捉えているのは中国政府の方ではないでしょうか?
香港に関しては、中国は本音と建前を微妙にバランスを取り、経済発展のゲートウェイにして来ました。
非がどこにあるかの次元ではなく、中国は今まで通りバランスを取りたいと考えているはずです。
ですから、香港境界沿いに軍を移動して予防的抑圧を掛けているように感じます。

香港の市民運動はすでに暴動というレベルらしく、現地金融事業に従事する欧米人は香港人に同情していないと聞きます。
斜に構えて読めば、トランプ大統領は、単に現地の欧米人の為に香港人に警告をしただけではないか?と思います。
米情報機関が報告、といえども、内政干渉になるので、アメリカとしても積極的に動けないところ。中国があまりに大きくなり過ぎたことで、天安門事件のように世界各国が一斉に非難するようなことが起こりえないとすれば、香港の方々の未来に対する絶望感は察するに余りある感じです。
以下の注釈付きですが、新たな動きだとすれば気になる動き。「ただトランプ氏が新たな動きについて述べたのか、それともこれまでも報道されている境界沿いでの動きについて言及したのかは現時点で明らかになっていない」
いやな雰囲気になってきました。まだ落ち着きどころが見えません。
-- 私は先程日本から香港国際空港に戻りました。多くの抗議者たちが到着ロビーに集まっていましたが、ただ旅客にバナーを掲示したりチラシ配布したりしていた平和な抗議集会で空港に支障は出ていませんでした。なぜ突然全便欠航決定となったのかわかりませんが抗議活動のせいではないと現場を見て思います

-- 10日、トランジットで、10時間ほど香港空港に滞在しました。せっかくなのでと入国し、ロビーに入ると、座り込みをしているデモ参加者の方々が拍手で迎えてくれました。通路は確保されていて歩きやすかったし、手作りパンフレットやステッカーの配布などもあり、とても親切でした

-- 警察はデモ隊に偽装しデモ参加者を逮捕した。今までのデモでも既に警察が混入し、過激活動をしてからデモ隊に責任をなすりつけている可能性がある

-- デモ隊の中に「デモ隊に扮した警察が紛れ込んでいた」現場映像

http://agora-web.jp/archives/2040915.html