新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
雨後のキノコにようにこの数年で無数に現れたオンラインのゲームも、「課金」するマニアによて支えられています。そうでないと収益を上げようがないのですが、数万人がプレーヤーとして登録していても、課金するのは数十人~数百人の「マニア」だけだったりします。特に毎月何十万円も課金する少数の重度の「マニア」によって採算が取れるようになっていたりします。
 Newspicksも、毎月100万円払えばコメントが全てトップに表示される、というような「課金」オプションがあれば、少なからぬ人が課金して、収益の柱になるのではないでしょうか。
 課金ゲームや「サブスクリプション」全盛期のように見えますが、全体の1%くらいの人が重度に課金して採算をとっている事業が、持続的に発展していくわけはないでしょう。持続する商売は、だいたいが薄く広く売っていきます。いわゆるオタク産業は、マニア狙いで、太く短く売る事業を次々に起こすところが多かったように思います。ブシロードは、薄く広く売ることを優先したので、マニア層からの反発もあったと思います。
「すべてのジャンルはマニアが潰す」。プロレスファンとしては以前から耳にしていたこの言葉、木谷さんによるものと知ったのは実は最近なんですが、新日本プロレスの現在を俯瞰して見ても、それは全くその通りだと思います。
マニアなんて、本当に一握り。コメ粒程度。ジャンルとしてもビジネスとしても、成長させていくにはAudienceを増やしていく必要があるわけで、そうなると今は「観ていない」残り99.9パーセントにリーチしたい。マニアを重視することはその逆にいく可能性が高いですもんね。

ちなみに、今の新日本プロレスは45年観ているワタシのようなファンもばっちりエキサイトする素晴らしいもの。コンテンツとしてのクォリティは、マニア重視か否かとは別の話なんでしょうね。きっと。

面白い連載、ありがとうございました!
「すべてのジャンルはマニアが潰す」の是非についての一般論は他の方が語っていらっしゃるのでそれに譲るとして、ただ、2000年代の新日本プロレスには、間違いなく「是」でした。

ライト層は間違いなく総合格闘技に流れていき、コア層だけが残ってしまった。それではパイが少なく、やはり新日本プロレスは苦戦しました。それ受けての言葉だったと思います。

しかし、そのコア層が苦しいときを支えていたのも間違いないわけです。
これはサラリーマン企業との差別化ポイントですね。リクルートは結構これを「お前がやりたいなら任せる」型で補ってきた文化を感じますが、コンサル時代によく提案していた全員がある程度納得できる落とし所は結局60-80点に落ち着いてしまって、150点とか予想外の成果に結びつきにくい。新日本プロレス買収にいたっては当時の社内はアンチの方が多かったのではないかと思います


>全員の話を聞いていたら前に進めませんし、もしも誰もが「いいね」と言うのであれば、それは新しくはないはずです。
極端な言い方ですが、「アンチが2割ほど生まれるようなこと」をやるべきかもしれません。
「すべてのジャンルはマニアが潰す」
YesともNoとも思う。マニアというか熱狂する人がいるから生まれる・育つとも思うし、一方で思いが強すぎるゆえに潰す側面もあると思う。
事業者として重要なのは、深めるのか広げるのか、そこを明確にすることだと思っている。深めるのであれば、とことんマニアの欲求を満たしていく。人数は追わずに、マニアの方の時間・お金・関心をどれだけ他から取れるか。逆に、広げるのであればライトに接しやすい入り口を作ることが重要だし、マニアの方の時に排他的だったりニッチすぎる欲求は上手く付き合うことが必要。
初期段階のあとに、どっちの方に行くかを意識的に選択しないと、どっちつかずになって失敗することが多いと思っている。
"ブランドと版権と流通を確立していない会社は、役員クラスが現場に張り付かないと、正確な判断はできません"
私が大企業で働きたくない理由はまさにここ。経営や管理ではなく現場に張り付きガンガン意思決定したいんです。
全てのジャンルはマニアがつぶす。
これは作り手がマニアだけを見たときだと思っています。視野が狭く受け入れられるものだけを作るようになってしまうことで新しいお客さんが入りにくくなってしまうのです。マニアが悪いのではなく、作り手の話だと僕は見ています。
「すべてのジャンルはマニアが潰す」。自分たちは誰にどんな価値を提供したいのか、それによる企業としてのあり方を感じます。
“「現場を知らずして何を決定するんだ」とは、常々思っていることです。だからこそ、前線から最前線へ出る。そして、商売より勝負がしたいのです”
これは熱い。燃えます。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。