新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SUNDREDで医療のデジタル化推進のトリガー事業としてサポートしているシェアメディカル社の聴診器のデジタル化ユニット『ネクステート』と、聴診データ研究会の設立を発表させて頂きました。シェアメディカルの峯さんとはレノボ時代からの長い付き合いで、ここまでの道のりを振り返ると感慨深いものがあります。ここから医療現場の声に耳を傾けたデジタル機器とデータ化の仕組み、異業種異職種、産官学連携を通じて、医療の発展と産業としての医療のデジタル化を推進していきます。新産業共創スタジオのコンセプトに則ったオープンな『スタジオ型』の取り組みですので、ご興味ある方は是非ご連絡下さい!!
超聴診器が実現すれば遠隔診療の価値は爆発的に高まると思います。

遠隔診療で問診や視診はできますが、聴診と触診ができません。触診は誰かに触ってもらえばいいとするも、課題は聴診です。

もし看護師やヘルパーにより聴診データをきっちり取れれば、特に在宅医療における遠隔診療の世界がひらけます。楽しみです。