新着Pick
369Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年バーニーズNY本店に行ったときに、売り場が閑散として
閉店前にも関わらず、スタッフが売り場にいなくてダラついていたことを思い出した。
セレクトショップというスタイルで、バーニーズに扱われることが
一つのステイタスだったが、今のECの台頭など見れば
何のための、誰のためのセレクトなのか存在意義がわからなくなってしまう。

ユーザーにとっては、欲しいものを見つけやすいECの方が便利なのだから。

ちなみにバーニーズジャパンはセブン&ホールディングス傘下。
日米に資本関係はないとははいえ、ジャパン社も厳しいことは変わりない。

今のままでの新規スポンサーは厳しそう。
ジャック・マーが提唱する「ニューリテール」への転換が
本格的に必要になっているようだ。
いまのモデルでの再建は難しい。
商品構成を変えて粗利率をあげるか
RENTの高い大型店を厳選し、広告と捉えて別の収益エンジンをもつか。

セレクトショップの価値が希少性であった頃のモデルに止まっており勿体ない。

ファッションの世界に職を求めた人ならば誰もが憧れたお店、
私もSATC世代、5アベのお高くとまったサービスにすら陶酔した。7時になるとけたたましく退店を迫られ、ああもう少しこの場にいさせてくださいと思ったものです。
でも時代は変わりそれだけでは生きていけない、変革さもなくば死。

専門店やセレクトショップ自体がコモディティ化し、
オリジナル商品の開発、アウトレット、EC、異なるカルチャーや違う言語の受け入れなど自分にも社員にも踏み絵を踏ませて自己改革してきた同業者としては冷ややかなコメントしか出来ず申し訳ない。

いいスポンサーがあらわれますように。
再建を前提とするチャプター11の申請。小売業者の再建にとって重要なのは、なんといっても信用力のあるスポンサーの存在。当面の資金はDIPファイナンスで調達してはいるものの、ブランド価値をこれ以上毀損させないためには、早期のスポンサー選定が急務
1996年についで2回目のChapter11。
前回は各国の投資ファンドや小売業の争奪戦となりましたが、今回は見通しは暗く、16店舗を閉鎖の上、残った7店簿にスポンサーをつけるという計画ながら、全店閉鎖、清算に追い込まれるのではという見方もあるほどです。

稼ぎ頭のマディソンアベニューの旗艦店も、このところの家賃相場の急騰で収支が急激に悪化していたとの話で、この家賃の高騰が今回の申請の直接のキッカケらしいので、どこがスポンサーになっても抜本的なメスを経営に入れる必要があるでしょうね。

尚、日本のバーニーズニューヨークはセブン&アイの100%子会社で、子会社の破綻とは直接の関係はありません。(赤字続きなのは同様ですか)
米国高級百貨店のバーニーズ、前から報道が出てましたがやはり破産法適用へ。 破産法を適用しないと買おうとする人がいなかったほど今の経営の状態は深刻だったのでしょう。 もう12年前の2007年ユニクロが買収を仕掛けてはいたのですがそれも反対され、結局変われなかったという結末。 同様に破綻したトイザラスはカメラからの計測で顧客が足を止めている時間でメーカーに課金していくモデルに変化しています。 バーニーズはどう変化するのか。日本もデパートがまだ多い状態なので行く末に日本の将来も見える気がします。
デパートなりなんなりに行くと、私のようなセンスの無い人間は、どれも良さそうに思うし、迷いに迷って違うものを買ってしまう。
その点、セレクトショップは、明らかに当たりの確率が上がるし、有難い存在だ。
どのセレクトショップも良いが、バーニーズも大好きですよ。頑張って欲しい。
アパレルは自製品を持っていないと経営状況は厳しい。
店子ビジネスは更に淘汰されるのは目に見えているので、百貨店は多様性を求められる。
10年後の銀座の街並みを想像できますか?

高級品は嗜好品であり、東京都内の資産投資マッピングは大きく変わると想定しています。
日本でも表参道や銀座の賃料高騰からテナントがハイブランド一色になっていて、オリジナリティあるお店が苦しんでいて残念です。。
New Yorkと都市名が入っているのは、個人的にはI❤️NYのような観光グッズか野球のチームを少し連想させ、どこか都市に憧れる田舎者の様な感じもします
結果だけをニュースで見るのと、実際にバーニーズ社内で焦りながらもがいていた個人を知っているのとでは、捉え方が全く違う。

でかい図体と深い歴史を持つ「組織」を変革するのが、いかに難しいか。 個人が問題提起しても腫れ物扱いされる。 そして、そういった個人が組織を失望と共に離れていく。

そうして引き起こされた結果が、こういうことです。
隣人として色々と話しを聞いていたので、複雑な気持ちです。チャンスはあった。