新着Pick
281Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上位3社が突き抜けて、下位企業の後退が不可逆的に進む。この構図が小売業の必定かといえばそんなことはなく、コンビニ業界固有の現象です。
家電量販店や衣料専門店など、それこそ足を止めての殴り合いみたいな競争を何十年も続けている業界でも、ここまでの淘汰は進んでいません。

最大の違いは、コンビニはフランチャイズ経営であるのに対して、他業界は直営店であること。
というのも、フランチャイズの場合は店舗の実力差が加盟店オーナーの生活に直結するため、本部が借金をしたり赤字経営を続けたくとも、加盟店が先に白旗をあげます。
直営店のような消耗戦が続かない代わりに、負け組の退出は待った無しになる。それがフランチャイズ経営です。
コンビニ業界でセコマが土俵際で戦い続けられるのは直営店だから。

その意味でいうと、様々な問題があるとはいえ、大手チェーンがあれだけの店舗数を維持しているということは、大多数の加盟店が十分に生活できているという証左でもあります。
(いずれにせよ、ミニストップのソフトクリームは惜しいです)
ソフトクリームやイートインコーナーなど先駆けてやっていたとのことですが、そうはいっても来店動機形成の柱は弁当、おにぎり、サンドイッチ等だと思うので、やはり柱があって、柱によってしっかり多店舗化ができた上での+αのソフトクリーム等なのでしょうね。
まいばすけっとの躍進もあるのではないでしょうか。
記事にもあるファーストフードの取り扱いについてコメントを。

1.デザート1点突破の課題
ミニストップと聞いて一番最初に思い浮かぶのは、デザートという人は多いし、事実として美味しいと思います(近くにミニストップがないので、あまり通ってはいませんが)。しかし、ご飯は2食~3食、少ない人でも1食はたいていの人が食べます。でも、デザート1日何回食べます?週に何回食べます?商品力が高いといわれる商品の利用頻度が圧倒的に少ないのがミニストップの課題です。

利用頻度の高い商品で集客をして客数を上げ、その他の商品の品揃えを行いワンストップショッピングの利便性を高め、客単価をあげるのがコンビニの基本戦略です。主食軽食の商品力の差がチェーンの差になっているのかもしれません。

2.インストアキッチンの限界
インストアキッチンを中心にすると、店舗オペレーションに時間がかかります。もちろん、ミニストップのデザート商品のように、セントラルキッチンよりも高い商品力の商品を作ることは可能ですが、いかんせんお客様に提供までの時間が長くなります。そうすると、レジが混んでる時は買いにくくなるし、一定時間にさばけるお客様の数が減るので、売上にキャップが出来てしまいます。

セントラルキッチンによる高い商品力とお客様の利便性はトレードオフの関係にある程度あります。そのあたりのバランスが良くなかったのかもしれません。
本稿の分析は正しくありません(断言)。

1)「3位との差はあまりに大きい」、これはまったく関係ないです。現行の2000店でも十分勝算はあります。北海道のセイコーマートはこの半分しかないのに、圧倒的な強さを誇っています。
2)「実は時代を先取りする試み」が、他社に追い抜かれたという文章ですが、これは現在の苦戦とは何の関係もありません。先取りし続けることが大切でした。「ソフトクリーム作り」などは人材集めに不利と書かれていますが、これも違います。トータルで働く時間が同じなら、やることが増えても、そんな大げさな話ではありません。
3)イオンのPB商品が多く、同じグループとカニばってしまったとあります。これは必ずしも不利な要因だと思いません。コンビニでの買い物に、それほど個性を求めるとは思えないからです。しかし、商品の多くがイオンから横流しされてくる仕組みは、商品選別の努力を消失させる理由になったでしょう。

個人的見解として、ミニストップは個性もあるし、それを出せるだけの規模もあったと思います。しかし、経営層の怠慢で徐々に先進性はなくなり、資本関係の混乱をしている間に、効率を高めるなどのオペレーションの進化が停滞したのは想像できるところです。簡単すぎる結論ですが、経営力で十分何とかなった事例です。
コンビニの競争が激しく、あまり利益を上げない店を閉める。
あまり秩序のない競争、悪性的な競争は、最終的には消費者に不便をもたらす。
立地で考えると、都内においては一等地を競合に取られてしまっているケースが多いので、その時点で勝負アリだった気がします。
私の癒し、ミニストップのソフトクリーム。閉店しないでください!涙
ミニストップは、ハンバーガーで言えば、マクドナルドに対抗するモスバーガー的なイメージ。

他のコンビニとは違う「色」があるので、何とか頑張ってほしいですね。

個人的に、ミニストップのスイーツのファンでもあるので。(笑)
前までミニストップのファーストフードを少し待ってまで食べる事はあったけど、今コンビニのレベルが全体的に上がって、大手コンビニでも直ぐに美味しいものを食べれるようになった、というのも要因なのかなと。
ミニストップ株式会社(英語: MINISTOP CO.,LTD.)は、イオングループのコンビニエンスストアである。イオンの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
417 億円

業績