新着Pick
1157Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
義務感を感じ、何かを犠牲にしてやることではない。

夢だから、やりがいを感じるからと言っても、収入や睡眠時間を犠牲にして続けることは難しい。その通りです。

楽しさより辛さを感じることが多い時点で、考え直した方がいい。それが素直な欲求ではなく、頭で考えた夢ややりがいであることを。

本当に心が喜ぶことが見つかるのを待とう。
「夢」や「やりがい」が、「収入」や「睡眠時間」より大事な生活を長く続けられる人は、ごく一握りでしかない、とのこと。確かにそうですが、「夢」はいつまでも追い続けたいと思います。
「「若い時の苦労は買ってでもしろ」とは言うけれど、少なくとも途中で仕事や職場を変えるときには、「やりがい」や「自分で思い込んでいる適性」よりも「条件」を重視したほうが、うまくいきやすいのではなかろうか」と筆者。
自分で思い込んでいる適性というのは曲者ですね。自分の事なのだけど、ちゃんと把握するというのはなかなか難しいもの。他者からの景色とはまた違うでしょうし、最近は測るツールも出ていますが、仕事と適性を上手く結びつけるものそう簡単ではないようにも思います。

「「やりたいことができる」よりも、「やりたくないことをやらずにすむ」ほうが、仕事を長く続けるためには重要」
これはそうかも知れませんね。
別にそれぞれで良い問題。医学的にはしっかり寝て下さい。心の健康が保たれている方が自己効力感を感じやすいのでむしろやりがいは感じやすいです。
よくわからないトレードオフの話をしても仕方ないように思います。

本を読んだり、よく寝たからといって、収入が増えたり減ったりは、、、多分しません。
それは「本当の意味での夢/やりがい」を持てていないからではないでしょうか?

あとは、若いうちから始めないと、年をとってからでは、リスクが大きすぎるので、始めるには遅いのでしょう。

「やりたくないことをやらなくてもよい」ということをやっていると、自分自身の成長という面でも不安がありませんか?
株式会社講談社(こうだんしゃ、英語: Kodansha Ltd.)は、日本の大手総合出版社である。 ウィキペディア