新着Pick
1036Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやー目が覚めました。こんな素晴らしい企画があるなら早く言ってくれないとw まず、記事の内容よりも、永ちゃんに取材されたNPの方々が羨ましくて仕方ないです。いいなぁ。

小学校5年生の時に「時間よ止まれ」を聴いて以来、ずっと永ちゃんファン。日本武道館も何回行ったか覚えてない。永ちゃんと一緒にトシを取っている感じです。

すごいなーと思うのは、いつも「今の矢沢永吉」が一番カッコイイ。若い頃は良かった、と感じさせないし、ご本人もそういうことをしない。「矢沢永吉」にこだわりながら、常に新しいことにチャレンジ。自らをUpdateする、壊す。CM出演、ドラマ出演、フェスの開催、なんかがそうですよね。

予定の無いお盆休みの朝が楽しみになりました。NPありがとう、と言いたいです 笑
【予告編 無料】矢沢永吉さんの「イノベーターズ・ライフ」(全7話)を本日から毎日連続で7日間公開します。

本物の永ちゃんは、あのまんまの語り口でカッコよかった。

クーラーの効いたスタジオに入って開口一番、「部屋の温度、1度上げてくれる?」とスタッフに指示されました。喉を傷めないように常に気をつけているそうです。

「1度」という刻み方に「さすがプロフェッショナル!」と驚嘆しました。
キャッチが好きです。不器用で結構だ。
体裁だけととのえ中身がチャラいなら、不器用でも魂がこもっているものを選びます。

コンサート、一体感があってめっちゃ面白いんでしょうね。たまにお邪魔する寿司屋の大将が永ちゃんのコンサート時期だけそわそわしているし店を休んでます(笑)
青春期に「成り上がり」が出て影響を受けた。数年に一度のテレビのインタビューが、引き込まれる魅力で唯一無二だなと感じた。そこで語られた「30歳になったら、20代でやった奴とやらなかった奴は、すぐにわかる」という言葉は、20代の10年間ずっと心に鳴り響いていた。だから頑張れた。
若い頃よりも今こそカッコいい、が続いている方。NISSANのコマーシャル素敵だもんね。
授かったギフトを、最大限に活かして輝いている方だと思う。
こんな70歳になれるといいよね。
「ミュージシャン人生の中での一番大きなターニングポイントは、やっぱりキャロルというロックバンドが終わったとき。悩んで悩んで悩んだけど、もうバンドはやらない。俺はソロでやる。肩からベースも外す。一本で、ピンでやっていく。そう決めた。言葉で言うのは簡単だけど、怖かったです。」(記事引用)

組織やグループに頼らず一人立ちする瞬間は、人生において遅かれ早かれやってくる。そういう通過儀礼を早めに体験すると、その後の人生が変わる。孤独であること、支えも導きもないこと、社会的アイデンティティも失うこと、その恐ろしさの先に、たくさんの人々、存在に支えられて自分が存在できている真実に気づく。僕の場合、2005年に離職し一人立ちしたことが大きな転機となり、当時思い描くことなど不可能だった人生をいま生きている。(ちなみに本記事で矢沢永吉さんと同じ誕生日(9月14日)と知りました~)
自分で入力しなくていいから、ニュースに対する矢沢さんの口頭コメントをマネージャーに入力して欲しい。
いくつになってもチャレンジできる精神力を持っていたいです。
おぉ!むちゃ嬉しい企画!永ちゃん、カッコいい!100年ライフ、もっともっと貪欲に人生を暴れる必要ありますね。

止まらないHA~HA!STAY GOLD!!
永ちゃんが55歳の時に出した55wayというビデオを当時購入しました。あれから15年かー!永ちゃん、やっぱりかっこいいです。
もう40年ぐらい、永ちゃんの大ファンです。
もちろん、ファンクラブにも入っています!
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。