新着Pick
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事ができる人?

超有名企業のエース社員だとしても、それは従来の常識の中で活躍できているということ。企業内で新規事業の担当になっても、必ずしもうまくいかない。

一方、ダメ社員と言われる人を集めると、常識にとらわれない面白い新規事業を立ち上げたりする。

起業も同じことですね。何事も画一的な尺度で測らないことです。
起業する時のリスクヘッジとして、収入を得られる副業は複数持った方が良いと思いますが、退職してフリーランスの立場で受けることを私はオススメします。

会社の従業員である限り、会社の様々な制約や会社のミッション達成がどうしても優先されて、自分の時間の使い方をコントロールできません。そして、起業に対してのコミットが中途半端になり立ち消えになる。私自身も経験したことがあります。

なので、起業が優先第一なら、会社は辞めた方がいいです。
「副業」なら、この記事のとおりで良いと思います。
でも、それは、あくまで「副業」であって、「スタートアップ」的なものではないと思います。

「企業勤め」から「個人事業主」になることと。

「企業勤め」から「スタートアップ」起業すること。

は本質的に全く違うことですよね。

「スタートアップ」に一番大事なのは、信念と、それを支える熱量(情熱)だと確信しています。