新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国市場で量を稼ごうと思えば、開発、生産、販売で現地資本と組まなければならない。トヨタにとっても中国市場は将来にわたって大切な市場であるということですね。
6月の乗用車(広義)の売上げ台数は180万台、前年同月比4.9%のプラスだった。プラスは13か月ぶり、回復基調なのか、一時的なのか、7~8月の動向が極めて重要だ。

BYDの国内販売は、2014年以降、40~50万台で停滞している。シェアは2%台前半に過ぎない。しかし電気自動車の販売では、20万台(2018年)で、テスラの24万5000台に匹敵している。

BYDは1995年、深圳で創業し、2003年には、世界第二の自動車用電池メーカーになっていた。自動車電池と電気自動車の専門家でなのである。中国政府が電気自動車へ政策を誘導しているにも関わらず、これまで上昇のきっかけをつかみ切れていなかった。トヨタブランドのEVを生産できるとなれば、上昇どころではなく、大爆発するだろう。BYDはその起爆装置を得た。今後の協力関係に注目である。
全方位✨
技術コンタミ、訴訟リスクは大丈夫(・・?
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.6 兆円

業績

比亜迪股份有限公司(略称:比亜迪またはBYD<ビーワイディー>、英語: BYD Company Limited)は広東省深圳市に本社を置く中華人民共和国の企業。 ウィキペディア
時価総額
2.01 兆円

業績