新着Pick
242Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アジアのニューリッチをターゲットにする超高級化粧品は賢い戦略だと思います。中華圏や東南アジアのニューリッチはどんどん増えていくと思いますし、アジアのJ-Beauty人気が高まっているなか、日本産の高級化粧品へのニーズはこれからもっと伸びていくと思いますので。ただ、どんな成分を配合すれば12万円の美容クリームになるのかが少し気になります。もちろんアジアのニューリッチは化粧品の成分を細かく見るよりおしゃれな容器やグローバル的なブランドパワーを持ってればそれで財布を開きやすいと思いますけどね。
コーセーを中心とした日本のメーカーがアジアの中間層以上向けの化粧品市場を獲得に向けて動きを強めているとのこと。

記事の内容が興味深かったので内容を要約します。

▼マクロ環境
・長期的な化粧品市場の成長率は、各国の名目GDP成長率とほぼ同じになる
・アジアの上位中間層(1日あたりの消費額が10ドル〜20ドル)は2030年には6億人から9億人へと増加

▼コーセーの商品特徴(Product視点)
AQミリオリティ
https://www.cosmedecorte.com/aq_meliority/
→超高級ライン

▼価格(Price視点)
10万円超えも含まれるラインナップ

▼プロモーション(Promotion視点)
・海外の一等地で売られており、世界中のセレブが使っているという事実は重要
・CMと雑誌広告より、盛大なイベント投資が有効的
→中間所得者層のプライドをくすぐるステータス感などで差別化を図ることが重要

▼売り方(Place視点)
コスメデコルテ プロフェッショナル取扱店
トラベルリテール(空港内での販売)
中国はKOL(Key opinion reader)の存在
海外の一等地での出店

▼ターゲット
中国のニューリッチ層
ニーズ
=世界中で人気があるMade in Japan製品

▼競合
超高級化粧品の競合は「美容整形」
美容整形に投資をすることと比較される
"化粧品各社が算盤勘定を弾く高級化粧品市場だが、思わぬ敵も現れ始めている。それは「美容医療」"
なるほど。12万円の美容クリームとなれば価格が安くなってきている美容整形もライバルになってくるのですね。美容整形に対する心的ハードルも相当低くなっているように思いますし、ますます競争が激しくなりそうです。
昨年アムステルダムのスキポール空港で見つけて、へー!!とと思ったSENSAI…欧州では、地味に日本の高級化粧品が人気なんだそうです。

私が今まで使ったことがある美容液で一番高いのは、せいぜい2万円くらい。結局、韓国で買う5,000円の美容液との明確な違いが分かりませんでした。
12万円の美容液なんて買わないなぁ…
確かに、そこまでシミ、シワに悩んだら、美容医療すると思います。韓国ならば、12万円出せば、かなり良い美容医療が出来ますから。
ターゲットはアジアのニューリッチ。2030年までに、中国を中心としたアジア圏での年収1000万円〜2000万円程度の中間層がなんと9億人に達するのだとか。そこを意識しての戦い。他の業界にも置き換えられる話ですね。
化粧品に限らず、日本の品質が良いというイメージがあるうちにプレミアム市場でシェアを獲っておく必要性を感じます。数年前から着手して上手くいった(これが大変ですが)の収益性は日本より高い事が多いですし。
やはり中国のニューリッチ層がターゲットですよね。正直、日本国内はターゲットにしていないと思います。

日本に来てぱっとマンションを買っちゃう人とか、メディカルツーリズムで高級医療を受けに来るような人がターゲットなのでしょう。ニューリッチ層の消費の盛り上がりを感じます。

記事にもありますが廉価化粧品のブランドでは参入しにくく、日本企業のブランドが活きやすい、チャンスの大きい領域ですね。
高級化粧品市場を支えるのは
・中間所得者層
・コスメマニア
・見栄消費
の3点ではないだろうか。
特に、現在の中国市場を見ていると「見栄消費」が大きいのではと推測する。ただ「見栄消費」は、世の中が成熟し、そのバカバカしさに気付いたら「爆買い」と同じように辞める人も多いはず。
現在の高級コスメのマーケティングがそこに頼っているなら、かなり注意したほうがいいだろう。きちんと、その価格に対して納得できるだけの理由をブランドストーリーとして語らなければ、未来が明るいとは言えない。
キャンプに行った時にサンダルについてたナメクジを素足で踏んでしまってんだけど真水だと洗っても洗ってもしっとりして気持ち悪かった。あれ何かに使えそうだけど思い出すたびに吐きそうになる。
株式会社コーセー(英語: KOSÉ Corporation)は、主に化粧品の製造、販売を行う日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
9,689 億円

業績

株式会社資生堂(しせいどう、英語:Shiseido Company, Limited)は、化粧品の製造・販売を主な事業とする日本の企業である。化粧品の国内シェア第1位であり、世界シェアでは第5位となっている。 ウィキペディア
時価総額
3.12 兆円

業績

花王株式会社(かおう、英語:Kao Corporation)は、東京都中央区日本橋茅場町に本社を置く大手化学メーカーである。コーポレートアイデンティティは、「自然と調和する こころ豊かな毎日をめざして」。 ウィキペディア
時価総額
3.44 兆円

業績