新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子供の勉強を見ていて感情が高まりすぎてしまったら「自分は溺れているのだ」と思う。口を閉じ、手足を落ち着かせる。それができないなら勉強を見ないこと。
「子育て」から「子育ち」の考え方にアップデートが必要です。

日本は、「子育て」=「親が子を育てる」という感覚が根強い。子どもはあらゆる面で未熟で、判断能力もないと見ている考え方は、いまや昔です。

今は、「子育ち」=「子ども自身には、自分で育っていく力がある」と考えられています。世界のあらゆる文化や環境に生まれても、外部から様々なことを吸収し、その社会に適応していく高い社会性が備わっていると考えられています。

恣意的に切り取ったデータで、親の不安な心を刺激し、教育虐待を誘発させようとする一部の民間教育事業者のあり方にもメスを入れる必要があります。