新着Pick
281Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は飽きっぽいので同じことばかりやってきたわけではないです…
でも、何か新しいことを始める時は初心者に徹します。
ショートカットは初めから追いません。
ある程度積み上げていくと、コツが見えてきます。この瞬間が大好きです。
コツが見えてくると、過去の色々な経験が地味に活かされて、一気に花咲くこともあります。

だから、下積みはある意味料理の仕込みみたいなものですので、嫌がらずにやってみることをお勧めします。
あっ、でも3年やって駄目なら見切る事も大事です。
わかるわー、と思ってしまいました 笑 記事を書かれた方と同世代だからでしょうか。全く、ワタシもこの感じ。こう思って27年間、人事の仕事をしてきました。
「量をこなす」は絶対!のやり方ではないですし、「経験に固執する」というデメリットも無くは無いですが、自信がつきますよね。シンプルに。
仕事初めてから15年弱、まだまだ道は遠い…
一方で、小さいときから機械が好きだったり、図鑑や調べもの、ニュースが好きだったり。原体験レベルからでいうと30年は経過していて、形やレベル変われど興味関心領域変わっていないということをやり続けられているという点では、幸せな人生を送れていると最近よく思う。
急がば回れですね。
若い人ほど即効性のあるやり方を知りたがりますが、結局、量をこなして失敗を重ねないと効率もよくなりません。だからこそ、思い立ったが吉日でなるべく早く始めることが重要です。

行動はすぐにも変えられますが、意識して時間をかけなければ習慣化できません。
即効性があるものほど陳腐化も早いです。
エコノミスト始めて21年しか経ってないので、まだまだだと思いました。
株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア