新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
反対派の一部による立法会突入などの破壊行為は許されるものではありませんが、強硬な審議推進や記者会見などへの説明責任を果たしているかについては、行政長官にも、非があります。香港人が対立を激化させれば、中国の介入を招き一国二制度をも、揺るがしかねません。双方、冷静になって対応策を練り直すタイミングに来ています。