新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自由と民主主義を求める香港の人々の本気度がわかる。できることなら願いを叶えてあげたい。また、間違っても武力で制圧されるようなことにならないで欲しい。

しかし、そもそも一国二制度を実現する制度である「特別行政区」は、中華人民共和国憲法が定めるもので、その運用を定める「特別行政区基本法」や、その解釈は全人代が決めるものだ。要するに、香港の高度な自治を可能にした特別行政区制度は、実は共産党の思惑で何とでもなるものだし、仮に英国との返還条件を守るとしても、50年の期限は、もう半分ほど過ぎている。

そう考えると、香港人たちが守りたい「高度な自治」は、極めて脆弱な地盤の上にあると言わざるを得ない。もちろん、中国全土が民主主義、人権、言論の自由などG7的な価値観によって統治されるようになることが国際社会にとって好ましいことではあるが、香港での民主化運動が本土に拡がることは今すぐには望めまい。G7が何かを言うことは中国が言う通り、内政干渉であり、もちろんG20の議題にはなり得ない。一国二制度にはもともと無理があるのだ。

しかし、G7諸国の企業は、中国の支配が強まる香港から逃げ出す選択肢は持っている。逃避先がシンガポールでなく東京であることを祈るし、政府と東京都は、それを目指して行動しなければならない。香港の方々には申し訳ないけれど。

都の動きについては以下ご参照ください。
https://newspicks.com/news/4017310/
今夜の日本のメディアは米朝首脳会談一色でしたが、CNNやBBCでは香港の議会に押し入る市民達の姿一色でした。
ここに、日本人の国際バランスが出ているのかもしれないと感じました。

香港の一国二制度は、イギリスから中国へ香港が返還された時から、いつかは無理が表面化すると、内心は多くの人が思っていたはず。
来るべき時が来たと考えて、香港に拠点がある海外企業は真剣に進退を考えていると思います。

香港は大好きな街ですが、これが現実なのかなぁと思いました。
このSNSの時代、中国国内でも、ましてや香港で武力制圧もできないだろう。一方で、「前庭」でこういうことが起これば、本土への影響も気になるし、暴動を起こせばいいという前例は決して作りたくないだろう。
どうなっていくのだろう…
BBCなどの報道ベースですが、強硬に居座っていた人たちも仲間に促されて退去したようですね。警官隊との衝突という最悪の事態は避けられたものの、この議会突入で彼らが目指したものは何だったのかが結局よくわからないまま、という印象だけが残りました。今回の件はデモ隊のごく一部の行為ではありますが、運動全体に出口戦略がないまま人数だけが膨らんでいる現状は心配です。
武力鎮圧の口実を与えるだけではないか。
この事態は、結果を悪くするように感じる。
これはいけない。たとえ煽られたとしても、先に暴力に訴えた方が負け。
シンエヴァ破ラストでのミサトさんとシンクロ率400%で応援したい。
ついにデモ隊が議場に突入する事態に。