新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジャパンディスプレイによる適時開示時間は、6月28日(金)0時30分。通常ではありえない真夜中に開示をしている時点で、内容はともかくドタバタ感が伝わってくる
下記が会社開示。見ると金額が足りないだけでなく、本記事見出しで受ける印象より脆弱だと思う。
http://bit.ly/2XjJ1zr

Harvest Techの方は内部決定及びコミットメントレター受領。ただし今後ファンドを組成するなかで投資家募集予定でその金額を確保できない可能性、および中国当局からの介入がないこと等が出資の条件ともある。書き方的には結構例外条項があるように見えるし、破談となった場合にどういう違約条項があるのかが気になる。
Oasisについては、内部の機関決定が完了したり、コミットメントレターを受領した状態ではないとのこと。
事業再生の基本は、早期の対応、債務の整理、固定費の徹底的削減、蓋然性が高い再生計画の策定だ。JDIを見ていると、そのいずれも満たしていない。一方で、国策として(実質的な)税金を注ぎ込んだ国は、責任を持って再生させる義務があるが、税金だからこその制約も受ける。しかしここは上記の基本に立ち返り、再生型法的整理に踏み切り、スリム化した形で再出発すべきではないか。その状態ならば、内外からまともなスポンサーも探しやすい。国民に頭を下げ、これまでのINCJの役員は責任を取り、再生のための痛みを受け入れるべきだ。そして二度と官民ファンドなんか作らないことだ。


*以下、過去のコメントの再掲です
https://newspicks.com/news/3984078?ref=user_345620

INCJが日の丸液晶を目指して投資したのであれば、最後まで面倒を見るのが筋である。僕は官民ファンド全廃主義者であるが、やったなら最後まで責任を持ってEXITすべきである。INCJはJDIの株を一部売り抜けたことで黒字だと言っているし、それで多額の成功報酬を得た役員がいたという。しかし、そんな無責任なことがあるだろうか。取った成功報酬はクロウバックさせるべきである。そんなことだから政府系のファンドなんていう無責任なものは全廃すべきなのである。
企業のライフサイクルにおいて、終末期に差し掛かってる企業はどんな選択肢を取りうるのか。また、その際価値として残るものは何なのか。どの企業も辿りうる未来を垣間見させてもらっているような気がしています。一番良い打開策に行き着くと良いのですが、さて。
当然、JDIは資金証明は出してもらっているよね。
このファンドの実態、裏取りしてあげようか?あっ、そうすると不都合?

それにしても、あずさが醜い。破綻したらエフィッシモはあずさを訴えたら?
株式会社ジャパンディスプレイ(英称:Japan Display Inc. 略称はJDI)は、ソニー株式会社・株式会社東芝・株式会社日立製作所の中小型液晶ディスプレイ事業を統合した会社。 ウィキペディア
時価総額
533 億円

業績