新着Pick
1052Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
毛利社長の言ってることすごく納得できます。建設業ってなんでブランド化されてないのか。ものすごく価値・と技がある仕事だと思うのに。キラキラしてないんですよね。

職業選択の幅が広がった現代でも職人さんの考えは【背中を見て覚えろ】はNGだと思います。
元請けよりも現場で見ると圧倒的に専門工種の若い人へってますし。

すごく鎖国的で既得権益を守ろうとする感が強い上の方々がいてそして法律含めてそこに紐づいてたりする。
人気 Picker
これは良いIT化の事例。アメリカでもこの種の建設業専門ソフトウェアのベンチャーがあります。AIと騒ぐ前に、まずはこういうシステムを作っている人を大事にして、みんなでこういう便利な道具をどんどん使いましょう。
私も取材に同席させていただきました。
それでびっくりしたのが記事の頭のほうの話。
「腕の良い職人ほど儲からない
=建設業界にはきちんとした評価の基準がなく、仕事ができる人もできない人も賃金は同じ。だから、仕事のできる、仕事の早い人ほどお金が稼げない」という意味なんです。
そういえば、オフィスワークでも、ダラダラ残業をして残業代を稼ぐような人がいたりしますよね。
最近では働き方改革が進み「就業時間が長いことが良いことではない」という認識が広がったように思いますが、時間だけがコミットのものさしになっていると、こういうことが起きてしまうのでしょう。
ほかにも建設業界のリアルな(びっくり)話がたくさんあるので、他業界のみなさんもぜひ読んでみてください。
とても面白い記事です。ただその面白さがリードからは伝わらない、もったいないなぁ。
確かにどアナログな建設現場にtheテクノロジーを導入しても受け入れられることはないでしょう。

なので、あえてのアナログな設計にしたことが良かったのかもしれません。
消費増税前に家や店舗を建てたいのに、建設会社に無理と断られた人を何人も知っています。
圧倒的な人材不足やオリンピックの影響もあると思いますが、
あらゆる状況を踏まえて、
職人さんがいい仕事を自分で選べる仕組みづくりは大歓迎。
手に職を持っている人は、今もこの先も強くあらねば!
すごい勉強になった。B2Bの配送業界なんかもIT化が進んでていないと聞きました。
個社の業務効率改善にとどまらず業界の健全化、持続可能な業態への変化まで繋がるといいですね。
腕のいい職人は自分を売ることを知らず、経営も学んでないので丼勘定。
収益(日当)の面は所属してる組織や元請けに常に依存します。
もう何十年もこの構図は変わりません。
一部の業種はその構図から抜け出してBtoCにシフトできますけど、躯体工事に絡んでいる業種はおそらくずっとこのままです。
しばらくは元請け様さまで推移していくと思いますけど、次世代になる頃にはどうでしょうかね。
頭でっかちに伸びた大木は嵐が来ると倒れますからね。
テクノロジーで解決したい世界ですね。
下請け構造があると、腕の良さより見積もりと単価が全てって感じになりますね…
この連載について