新着Pick
41Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ルノー日産アライアンスの目的はひとつ。
「世界で勝つ!」ことです。雇用を守りたい、経営の主導権を握りたい、もさることながら、勝つための最善を模索し続けて欲しいものです。
指名委員会等設置会社への定款変更の議案には反対する。ガバナンスの強化にはならない。
なぜなら、ガバナンスの劣化は、取締役会レベルではなく、業務執行レベルにあるからだ。

委員会の委員の選任権は取締役会にあり、会社執行部に指名権があるかどうかは怪しい。制度の主旨からは、執行部に指名権を持たすのはおかしい。

指名委員会等設置会社の問題は、委員となる社外取締役の属性以上に、取締役会が執行役に大幅な権限を委ねる点にある。執行役の業務執行の決定方式には法律上の規制がない。

つまり、委員とならない限り、取締役の機能と責任は著しく縮小する。

指名、報酬、監査の領域では、執行役への牽制のため委員となった社外取締役の権限が強まるが、日々の業務執行についての、取締役会の監視監督は緩やかになる。

これは、まさしく、ルノーが自らの事業主体を、子会社の簡易株式会社に譲渡した手口と同じ。簡易株式会社は、通常の株式会社と異なり、社長以外の法定機関が要求されない(取締役会も任意)というように、定款自治が広く、経営の意思決定上の機動性は高い反面、ガバナンスは緩い。

だから、ルノーは、権限の強い委員会のポストに拘わるものの、委員会等設置会社への定款変更には賛成する。
指名委員会等設置会社の場合は、指名・報酬・監査の各委員会が、社外取締役が過半数を占める形で構成されなければならない。ルノーのCEOなど、ルノー側が指名する候補者は、社外取締役に外見的に該当するとしても、その実態は業務執行取締役であり、制度の趣旨に鑑みると、各委員会は、彼らを義務執行取締役と見做して、それでも社外取締役が過半数を占めるように構成するしかない。最終的にそれが確保されるか、そこを注視したい。

加えて言えば、監査委員会のメンバーは、従来の監査役会設置会社の監査役(社外監査役が過半数)が横滑りすることが多く、また、会計実務等に精通していることが望ましい。そこにルノー出身者が加わることでプラスがあるのか、むしろ、親会社の利益に叶う会計処理が持ち込まれないか注視が必要である。

また、言うまでもなく、取締役は株主一般の利益のために行動する善管注意義務があり、また、コーポレートガバナンス・コードでは親子上場の場合の説明責任、さらに、大株主と少数株主の利益相反についての弊害防止策の策定が事実上義務付けられている。会社法上の指名委員会等設置会社への機関設計の変更は、その趣旨に沿って行われるものであり、ルノー側に、斯かる制度の趣旨が理解されていなければ意味がない。

指名委員会等設置会社、取締役の独立性、利益相反等についての詳細は以下の過去pickご参照。
https://newspicks.com/news/3963018/
https://newspicks.com/news/3961811/
あちこちで戦闘状態になっては、収拾がつかなくなるため、一部休戦地区を設けて、全体としては、違う作戦に移行する準備をしているように感じます。
こちらの記事に人事案が具体的にあります。
https://newspicks.com/news/3991873?ref=user_130194
ルノーの利益、非ルノーの利益双方が代弁される現実的な座組みと私は理解しました。ただ、監査委員会の構成が弱いと感じます。

また第4の委員会設置も報じられています。
https://newspicks.com/news/3986091?ref=user_130194
この人選、他の3委員会との統治関係がどうなるか、制度設計を待ちたいと思いますが、取締役会の下におくべきものというのが第一印象です。
検察の情報操作は成功しているが、ゴーン氏が本当に法を犯したとは思えない。(そもそも経済犯罪はファジー)

長すぎて引き際を間違えだけ。

ゴーン政権が長すぎたため日産日本人トップは自分で考える力を実行に移せなかったのではないか。

しかしながら、この日産のお家騒動を解決できる人は残念ながら西川さんしかいないというのが現実。

西川さんにはちょっとした恨み(ご本人は知らない)があるが、心情的に応援したい!(我々のような業界ゴロには何もできませんが)

ピッカーのみなさんくだらない評論はやめて素直に西川さんを応援しませんか
当初は議決権を行使せず棄権する考えを示していたルノーは、日産のガバナンス改革に向けた決議案に賛成する方針を表明したとのこと。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
3.27 兆円

業績

ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車製造会社。グループの日産自動車(およびその傘下の三菱自動車)やダチア、ルノーサムスン自動車などを含めると世界最大の自動車会社である。 ウィキペディア

業績