新着Pick
159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
簡単な記事で全貌が分からないが、
人口の三分の一か四分の一がデモに参加したという計算か。
きっかけは台湾で殺人をして香港に逃げ込み、その逃亡犯を香港以外のところへ引き渡すか、それに対して立法をどうするか、のようだが、
いつの間にか反大陸にシフトされた。
若者もずいぶん参加している模様。
これでは香港が大陸に対する不信、
大陸が香港に対する思いやりもかなり傷つけた。
いったん大陸のほうがかなり譲歩したそうだが、譲歩によってかえって不振を招くという結果になると、
香港政策をこれから大きく転換させていくと思われる。
海外のニュースを見るのと、日本のニュースを見るのではまるで違います。
日本ではそもそもの原因がほとんど伝えられていません。
去年の2月に香港人の男性が台湾で恋人の女性を殺害して逮捕される前に香港に逃亡したのが原因です。
香港政府は犯罪人引き渡し協定を台湾と結んでいないために身柄移送ができないため、『逃亡犯条例』改正案 に取り組んだのです。
逃亡犯条例の改正案反対はわかりますが、元の事件も報道すべきだと思います。
すごい!!明らかに前回とは違う。政府が沈静化を図ってもますます声は大きくなる。自由を渇望する人々の力は決して止められない。歴史の大きな流れは決して止められない。中国は必死に防波堤を築いてそれを止めようとしている。だが永遠には続かないだろう。無限に水を貯められるダムが存在しないように。時間はかかるだろうが、この波は必然的に中国本土も飲み込む。僕はそう信じている。

Do you hear the people sing
Singing the song of angry men
It is the music of the people
Who will not be slaves again!

When the beating of your heart
Echoes the beating of the drums
There is a life about to start
When tomorrow comes!
選挙での自由が制限されている以上、デモに打って出る。
今回は、条例撤回迄、徹底的にやるでしょう。
条例が可決されればデモ参加者も本土に引っ張って行かれる
でしょうから。香港人頑張ってください。

自由や人権は一度奪われると取り戻す事は容易では無い。
容易く、民主主義が奪われると次は、台湾、尖閣そして
その次は、沖縄迄彼の国はターゲットにしてくるでしょう。
主催者側発表ですから、話半分としても、かなりの数です。西側メディアの影響力には、中国政府も注意するでしょうが、西側メディアは読者迎合でもありますから、時間が経つと興味をなくしますから、長くは続かないでしょう。サウジアラビアのジャーナリスト虐殺やロヒンギャ虐殺しかりです。
改正案の審議の延期は発表されているが、完全な撤回を求め大規模デモが行われた。香港の対立はまだまだ続きそうな感じ。