新着Pick
354Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国は国務省が懸念を表明したのに加え、民主党のナンシー・ペロシ下院議長がデモを支持し、改正案が可決されれば米議会として香港の自治が「一国二制度」のもと十分に守られているのか見極めなくてはならないとの声明を出しまました。
分断が進む米国で、民主・共和問わず、唯一コンセンサスがあるのが中国への断固とした対応。
貿易や産業政策に加えて、香港のこの問題で中国の政治体制・人権問題が米国で再び焦点となりそうです。

午前中の記事のコメント欄もご参照ください:
https://newspicks.com/news/3968015/
民主主義と人権を守る若者たちの闘争。警察は催涙弾を放ち、負傷者が出ていると報じられています。心配です。2014年に香港であった民主化デモ「雨傘運動」の中心メンバーの一人、周庭(アグネス・チョウ)さんがいま、来日中です。周さんの訴えは、こちらに詳しく報じられています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00010001-binsiderl-int&p=1
今度の中米貿易戦争はじょじょに冷戦の様相を呈している。
この時に香港でのデモに対しては大陸政府が退くことはとてもできず、最後まで今の主張を堅持するだろう。
国内の世論を読んでみると、香港に対する理解の心情は少ないようだ。
今度の香港デモはたぶん失敗していくだろう。
香港のことを見るにつけ、僕や日本人やアメリカ人や西欧人がが当たり前のように享受している自由は、先人たちの戦いの上にあるものなのだと思い起こされます。
デモが要求を実現することは、中国政府の敗北を意味する。
条例改正は、香港民衆の絶望を意味する。

中国政府は、敗北を嫌い、その意を受けた行政長官は突っ張るほかないのでは?
大きな流血事件となってほしくないが、その可能性が高まっているかもしれない。
あと2年もしたら諦めの風潮となり、前を向く一環としてカナダ/オーストラリア/イギリスなどへの、香港からの移民が確実に増えるでしょうね。

香港に4年住んだ身としてはなんとも残念だが、中国政府としてはいちゃもんつけられて負けた戦争(アヘン戦争)でイギリスに奪われた土地を取り返して(彼等流の)正常化をしようとしているだけであり、内政のことを海外の奴らはワーワー言うんじゃない、としか思っていないはず。

さらに内モンゴルやチベット、ウイグル自治区などの件があるので、香港だけ勝手にさせていられないという背景もあり。

なんにせよ、香港人は賢くてたくましい人々ですので、様々な地に散ったとしても楽しくいきて欲しいです。友人も多いので、できる限りサポートはしたいなぁ。
香港は、つい最近まで英国領で、英米法の理念が浸透していました。

中国の共産党一党支配に反発するのは、当然でしょう。

もっとも、デモ参加者の中には「プロ市民」もいるので、デモが起こったからと言って香港住民が全面的に反対していると捉えるのは早計でしょう。
蔡総統、香港での容疑者の中国移送反対デモに支持表明/台湾
http://japan.cna.com.tw/news/achi/201906100005.aspx
「一国二制度が台湾人の選択肢になることはない」
「香港の二の舞になってはならない」
江戸ッ子はよく「デモもヘチマもない」と云いますが、この規模といい、香港ッ子の心意気を感じますね。
この香港の動きは、来年初頭の台湾総統選挙にも、相当の影響を及ぼすだろう。台湾は「明日の香港」になることを恐れている。中国との距離を置く、与党の民進党にはサポートとなりそうだ。